サイトURLの転送とファイル表示の優先順位

なまら北海道だべさのwordpress移行前のサイトは、全てhtml言語で作成していました。

その際に、トップページに戻るアドレスをすべてhttp://n-hokkaido.com/としておけばよかったものを、

一部のページでhttp://n-hokkaido.com/index.htmlを使用していました。

何が問題かというと、index.htmlを削除すると、「ページが見つかりません」と表示されてしまうのです。

では、削除しなければいいではないか、となりますよね。ところがWordpressのトップはindex.phpなのでその2つを同じディレクトリにおいた場合、そのままではindex.htmlを表示してしまい、Wordpressが表示されないのです。

「ページが見つかりません」または「Wordpressが使えない」の二択になってしまいました。

2008年時点では、あきらめて「ページが見つかりません」ということにし、リンク切れとしてサイトの更新を進めていました。しかし、今でも古いリンクをたどってindex.htmlにアクセスしてくださる方が結構います。

そこで、まずはhttp://n-hokkaido.com/にアクセスされた場合はindex.phpを表示するようにするようにします。

WordPressのファイルに.htaccessがあるので、そこに次の一行を加えました。

DirectoryIndex index.php index.html

拡張子に対して優先順位をつけることで/で終わったURLに対して、まずindex.phpがないか探して表示します。つまり、wordpressが表示されます。

これで、index.htmlファイルを作成しても問題が生じないようになるため、直接index.htmlにアクセスした場合は、そのファイルを表示することが可能になります。

さて、index.htmlにアクセスしていただいた場合何を表示するか。「ページは移転しました」というものがいいですかね。

image

今度は、5秒後にhttp://n-hokkaido.com/へ移動するようにする場合。

<meta http-equiv=”Refresh” content=”5;URL=http://n-hokkaido.com/”>

を入れたindex.htmlにすると自動的に転送されるようになります。これで完成です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク