ホンダ ステップワゴン購入 値引き交渉の記録

先日、新車を購入することを記事にしましたが、その時の値引き交渉レポートです。(北海道・札幌市手稲区)

今回購入したステップワゴン(車両)2,859,890円

車種:ステップワゴン グレード:G・コンフォートセレクション
エンジン:2.0L SOHC i-VTEC (4WD)
ミッション: CVT 5ドア 定員:8名
ボディ:ホワイトオーキッド・パール インテリア:ブラックナビ装着用スペシャルパッケージ
リア両側パワースライドドア+リア両側イージードアクローザー
ディスチャージヘッドライト<HID>(ロービーム、オートレベリング/オートライトコントロール機構付)
アクティブコーナリングライト Hondaスマートキーシステム(Hondaスマートキー2個付)
コンフォートビューパッケージ[親水/ヒーテッドドアミラー+フロントドア撥水ガラス] クルーズコントロール

オプション関係 504,139円

9インチデカナビ(Honda|ナビゲーション&オーディオ|VXM-135VFNi
ラバーマット(縁高タイプ) フロントセット 4WD車用
ラバーマット(縁高タイプ) 2列目用
冬タイヤ・ワイパー
エンジンスターター(純正)
アルミホイル ジョーカーフラッシュ
スタッドレス 防錆ノックス

重量税・所得税・点検パック等の諸費用 232,525円

自動車取得税 自動車税 重量税 自賠責保険37ヶ月 車庫証明代行費用 検査登録代行費用
点検パック 延長保証まもるクン 希望ナンバー JAF2年分

総計3,596,554 ここから2,999,000円まで値引きました。

ウイングロードの下取りは20,470円 おそらく値引きの範囲内で算出されているので気持ちの問題ですね。

値引き合計 597,554円

インターネット上では、オプションも含めて目標値引き額40万円というように書いてあるところもありましたので、上出来と言える結果かなと思います。

ホンダ ステップワゴンの新車見積り

値引き交渉の流れ

では、どうやって値引き交渉を進めたのか。購入に至るまでの経緯を簡単に整理しておきます。

1、他社ライバル車種の情報を集めました。

ステップワゴンのライバルといえば、日産セレナ、トヨタのノア・ボクシーです。中でもセレナは一番のライバルのようですので、セレナとの比較が良かったのかなと思います。

日産はウイングロードを長く乗っているので、私の中では高いポイントでした。しかも、下取りキャンペーンをやっているので・・・しかし、家族のステップワゴンを希望する声に、ステップワゴンで交渉開始。

まずは、日産の下取り値引きの話から、ウイングロードの下取りを獲得。

2、同じ車を扱う他社と比較した。

それにより出された見積もりをみて、しばらく沈黙。「思ったより高いな。もう一方のホンダではスパーダでこれくらいの金額だったはず・・・」

それに対し、もう少し削れる部分を見直してきますと言って持ってきたものが、3,045,000円 デカナビキャンペーンで最初から23万円分の値引きがあるとはいえ、まずまずの値引き額。でも、300万を切りたいところです。そこで、もう一件のホンダへ。そこでは、「もう一社でどこまで値引きできるのか聞いてきてほしい。うちはそれより安くしますよ。」という後出しジャンケンスタンス。「では、ここではいくらまでできますか?」と聞くと、すごく渋々計算し直してきてキリの良いところで300万。この300万という数字をもってもう一方のホンダへ。最終交渉突入。当初の金額より45,000円値引きするのだから、あっさり引くとは言えないでしょう。そこで直してきたものが、同じ300万。その代わり、エンジンスターターを純正のものに、JAF2年分も付けますと。

「うーん、ここは正直に言います。向こうはここの金額より引いて決着をつけるつもりなので、ここで1万円でも引いてもらえれば今買います!あと、JAFはなくてもいいんですけど。」と。そうすると、すぐに「もう一度ここの店長と相談してきます。」となり、その結果は、

「JAFの分1万円引きとはいけないので5,000円ください。希望ナンバーも7,350円かかっているのでこれも外しましょう。今年、私が売ったお客様全てサービスしてきたのですが。それで、2,995,000円でどうですか。」

担当者の方も相当追い込まれてますね。「売った」は無いでしょうと思いながら、追い込んでいるのは私なのでそこは突っ込まず。と同時に、私の頭では複数の条件が一気に変わったのでこの値引きが得なのかどうなのかわからなくなりました。

単純にJAFと希望ナンバーを合わせれば16,850円。そのまま値引けるのならとも思うのですが、その分で値引くことができるのは5,000円。

「このお店としてはサービスに含めてでもJAFはつけたほうがいいんですね。」と単刀直入に聞いたら、少し沈黙して、「正直に言って、JAFなどいろいろ含めることでいろいろまとめて値引きにできるんです。」と。これ以上は教えてくれませんでしたが、きっと紹介料や中間マージンとかいろいろあるんでしょうね。

さて、5,000円値引くのがいいのか・・・

JAFは最初は頭になかったのだからいらないといえばいらないのだが・・・でも、希望ナンバーは最初は考えてもいなかったのに、最初に「今年契約したひと全てにサービスしてきた」と言われていたので、ちょっと番号を考えてしまっていた。

そうなると・・・やっぱりJAFも希望ナンバーもつけて・・・の方が得なんだよね。

「希望ナンバーはサービスしていただけるということで聞いていたので、妻や子どもたちがもうナンバー考えるんだよなぁ・・・」

すると、

「ほらぁ、やっぱりつけたほうがいいしょ、300万で!」

と押してくるので、

「わかりました。やっぱり番号とJAFセットはお得ですよね。だから、そこは外さないでください。でも、同じ300万というのも妻に説明がつかないので、1,000円でも値引けませんか。モノが良いのはわかるのですが」

そこで、最終的にもう一度店長と相談に行ってもらい、おまけの1,000円引きで決着。

300万円勝負になってから、金額は1,000円しか下げられませんでしたが、エンジンスターターが純製になり、JAFもつきました。そもそも他社の300万円には希望ナンバーは入っていませんし、アルミホイルの話もどうなっているかわかりません。総合的に、良いものでまとめて決着がつきました。

自動車ローンの

金利もキャンペーンで1.9%

。頭金160万入れて、月々の支払いが17,600円。

7年間のローンを組みました。3回目の車検を迎える頃にどうするか、大事に乗って考えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク