新しいサイトを立ち上げました。よろしくお願いします。「なまら」も冬に全面リニューアルを予定しています。

三八飯店 浜チャンポン 札幌市手稲区

DSC_0026

最近、浜チャンポンのラジオCMを聴きました。ところが、そこであることに気付きます。支店として紹介されるお店の中に、「白石店」「西岡店」はありますが、手稲富岡店(稲積公園駅前)というものが出てこないのです。まさか、閉店???と思って見に行きましたがいつも通り営業していました。

しかし、よくよく情報を確認してみると、なんと手稲の稲積公園にあるこの店は「札幌店」というようです。きっと、最初に札幌市内に出店したのはここという名残なのでしょう。「白石店」「西岡店」と言う呼び方の店があるのなら、ここは「手稲店」か「稲積公園店」または「富岡店」などと呼ばれると勝手に思い込んでいました。いやぁ、手稲民としては、他の区にあるものであれば、まず代表して「札幌店」なんて呼ばれるということは考えていませんでした。もう、閉店でもしたのではないかと超不安になりました。

お店の情報

011-683-7640 北海道札幌市手稲区富丘一条4-5-38

11:00~20:00 ランチ営業、日曜営業 JR稲積公園駅 徒歩3分 稲積公園駅から190m

前回は浜チャンポン(850円)。今回はあんかけ焼きそば(800円)を頂きました。どちらも量がとても多いのが特徴です。昼時には広い店内がいっぱいになるほどの人気で、毎回とても混んでいるという印象があります。

DSC_0025

浜ちゃんぽんには、イカ、カニ、ホタテなど魚介類がもりだくさん。わかめは食べても食べても無くならず、中で増えているんじゃないかと思うほどです。

DSC_0022

あんかけ焼きそばもご覧のとおり。携帯電話と比較してみるとその大きさがお分かりいただけると思います。とにかくボリューム満点。食べ盛りでも満足すること間違いなしです。

自称少食という方は大変かもしれませんね。でも、行ってみる価値はありますよ。寿都、長万部、札幌市内の白石と西岡にもお店があるようですので、お近くの浜チャンポンで確かめてみてください。札幌店は稲積公園駅を超える道路の高架下。すぐにわかります。

浜ちゃんぽん三八飯店白石店

コメント

  1. コールマンコウジ より:

    愛知県からたべにいきました。
    順番まちはわかりやすくいてほしいかな!
    うまうまでした!!!!

  2. akky より:

    富岡ではなくて、富丘です。

    30年くらい前は手稲本町の方にあって、とにかく古くからやってるお店です。

  3. 発寒 より:

    こんにちは~私もなが~く通わせて頂いてますが、初期の頃と違って値段も200円前後と高くなりましたね、具も白菜が多く入れる様になりました、浜ラーメンなんか未未色んな具が入ってたんですよね、チャーメンもですよ、昔はウズラの卵三個位入ってましたね。時代の流れで仕方無いんでしょうが……でも味は◎だから!一時期閉店したと聞いてたので12日何気無く通ったら営業しててビックリし、Uターンして、久々ご馳走になりました。✋

  4. 熊野 より:

    先日、初めてこのお店に足を運び「浜チャンポン」を食べた。でっかいドンブリとそれに劣らぬ量の多さにおったまげた
    もうひとつ驚いたのが店の壁にうやうやしく掲げる大きな額ぶち。それには『特許登録標/登録日昭和五十九年一月二十六日/元祖寿都浜チャンポン/登録番号第一六五一四九四号』と記されていた。
    「へえ~、ラーメンに特許ねぇ」と思いつつ後日、特許庁で確認したが「該当なし」。念のため「商標登録」でも調べたがこちらも「該当なし」。……これって、どういうことなんでしょうか?

  5. より:

    いつも通ってますがおいしいです。特許の件ですが、どうやら商標のようです。商標出願公告 昭58-32373 指定商品32 中華そばめん に「スッツハマ」で登録されていました。

  6. 日和 より:

    31年ぐらい前から変わってないですね、また食べに行く時まで変わらずに営業して欲しいです。もう子供さんに代替えしたのでしようね頑張って下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. コールマンコウジ より:

    愛知県からたべにいきました。
    順番まちはわかりやすくいてほしいかな!
    うまうまでした!!!!

  2. akky より:

    富岡ではなくて、富丘です。

    30年くらい前は手稲本町の方にあって、とにかく古くからやってるお店です。

  3. 発寒 より:

    こんにちは~私もなが~く通わせて頂いてますが、初期の頃と違って値段も200円前後と高くなりましたね、具も白菜が多く入れる様になりました、浜ラーメンなんか未未色んな具が入ってたんですよね、チャーメンもですよ、昔はウズラの卵三個位入ってましたね。時代の流れで仕方無いんでしょうが……でも味は◎だから!一時期閉店したと聞いてたので12日何気無く通ったら営業しててビックリし、Uターンして、久々ご馳走になりました。✋

  4. 熊野 より:

    先日、初めてこのお店に足を運び「浜チャンポン」を食べた。でっかいドンブリとそれに劣らぬ量の多さにおったまげた
    もうひとつ驚いたのが店の壁にうやうやしく掲げる大きな額ぶち。それには『特許登録標/登録日昭和五十九年一月二十六日/元祖寿都浜チャンポン/登録番号第一六五一四九四号』と記されていた。
    「へえ~、ラーメンに特許ねぇ」と思いつつ後日、特許庁で確認したが「該当なし」。念のため「商標登録」でも調べたがこちらも「該当なし」。……これって、どういうことなんでしょうか?

  5. より:

    いつも通ってますがおいしいです。特許の件ですが、どうやら商標のようです。商標出願公告 昭58-32373 指定商品32 中華そばめん に「スッツハマ」で登録されていました。

  6. 日和 より:

    31年ぐらい前から変わってないですね、また食べに行く時まで変わらずに営業して欲しいです。もう子供さんに代替えしたのでしようね頑張って下さい。