simplicity導入とカスタマイズ記録

imageなまら北海道だべさ系の各サイトは、2007年12月のWordpress導入以来、いくつかのテーマをダウンロードして、相当アレンジして使ってきました。

今回は、もう何代目かわかりませんが、SEO対策やmobile対応が進んでいる新テンプレートを導入。便利な世の中になったもので、HTMLを直接変更しなくてもかなりのことができるようになりました。もちろん、いままで独学で得たHTMLとWordPressに関する知識を駆使して「なまら風」にアレンジしていきますが、いままでのことを考えると管理画面上で相当なことができるのでずいぶんラクに出来るようになりました。もう、変更してアップ、変更してアップ、失敗して元データを再アップということをしなくても良さそうです。

さっそく今日管理画面上で変更したことは・・・

1,ロゴを「なまら」の画像に変更

2,Google AdSenseコードの設置

3,配色や文字サイズの変更

4,関連記事表示数、トップページ記事表示の変更

5,サムネイルの角を丸く

6,ファビコン(ブラウザの小さいアイコン)をなまらのロゴに変更

7,ログイン時にWLW(Windows live Writer)の編集ボタンを表示

ざっと、これだけのことが管理画面上でリアルタイムに変化を見ながら編集できるのです。特に7番のWLW編集ボタンは感激ものです。いままでなら当然single.phpファイルを編集しなければできなかったこと。驚きました。

さ・ら・に・・・

WLWの記事編集画面は、ブログのデザインをダウンロードして感覚的に編集できるのですが、結構失敗するんですよね。有名なSTINGERシリーズやgushシリーズでもうまくいかないんです。まぁ、対処法としてはsingle.phpをhome.phpと名前を変えてやればできなくは無いのですが、そこに気づくまでには結構試行錯誤しました。ところがこの「simplicity」は、レイアウトの設定から一覧リストのスタイル→本文表示にして、あとはWLWでテーマを更新すればデザインをダウンロードできてしまったのです。これもすごいことですよ。

まだまだあります。この記事、何気なく文章中の文字色を変更していますが、CSSの設定如何ではこれもできない場合があります。simplicityはそれも問題ない。これだけでも十分な感じですが、いままで自力で編集してきたことが他にも簡単にカスタマイズできるようになっています。ということでsimplicityは相当お勧めです。

しかし、早急に対応したい問題が1点。

404エラーのページにサイドバーが表示されるということ。STINGERでもAdsenseのポリシー違反に該当するのでサイドバーにAdsenseは非推奨となっていました。だったら404ページにサイドバーを表示しなければよい話で、ここはphpファイルを編集して対応しました。

ちなみに、STINGERシリーズやgushシリーズは404.phpの <?php get_sidebar(); ?>を削除すれば済む話し。ところが、simplicityでは・・・

といったところで、これはひとつのネタになりそうなので次の記事で紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク