会員制サイト 導入プラグイン・カスタマイズ

1、WP-member

まずは会員サイトのベースを設定しました。WP-memberを使うことで、ログインした人しか記事にアクセスすることができなくできます。サイト全体、記事ごと、記事のmoreタグ以降など設定の仕方はさまざまですが、これで公開範囲を会員のみに限定できます。

2、直リンクを防ぐ

画像ファイルは自分のホームページからアクセスしないと見ることができません。つまり、フォルダ階層やファイルの名前の付け方などを参考に、URLに直接画像のアドレスを打ち込んで見られてします。そういうものを防ぐ設定をしました。インターネット上に情報はあると思いますが、.htaccessを作成します。以下の場合、http://n-hokkaido.com/http://f.n-hokkaido.com/からのアクセスの場合は画像が表示されます。

<Files ~ “\.(png|jpg|gif)$”>
SetEnvIf Referer “http://n-hokkaido.com/” OK
SetEnvIf Referer “http://f.n-hokkaido.com/” OK
order deny,allow
deny from all
allow from env=OK

3、メインサイトに更新情報は表示

WP Over Networkというプラグインで表示ができます。私の場合ウィジェットに会員サイトの情報を表示するようにしました。ただ、デフォルトだと画像まで出てしまうのでよろしくないと思い、プラグインのデータを一部変更し、画像表示をしないようにしました。やったことは、プラグインフォルダの中のtemplatesフォルダにある、archive-simple.phpを編集です。画像を呼び出している部分をそのまま削除して終了です。

4、Wordpressのダッシュボードから

検索エンジンがサイトをインデックスしないようにするにチェックを入れました。

そうしたらWP Over Networkで新着記事が表示されませんでした。

あとはサイトのデザインなど細かい設定をすれば完成のはずです。

会員専用も、ディレクトリを別にしてやれば簡単ですが、ファイル数も多いしいちいち面倒。今回は、マルチサイトの子サイトという形に変えたので管理が楽になりました。

image

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク