WLWで投稿すると画像が大量に生成される謎解消

temoto

 このサイトはSimplicityというテーマを使い、Windows Live Writerを使って記事を更新しています。非常に快適で問題が無いと思っていたのですが、FTPソフトでアップロード画像のフォルダを見ると大変なことになっていました。先ずはこの画像をご覧ください。

WLWとAuto Post Thumbnailの組み合わせで…

Auto Post Thumbnail×WLW

 分かりやすいように、Auto Post Thumbnail.jpgという名前にした画像を記事の中に入れて、WLWでアップロードした際の画像フォルダです。なんと、1つの画像に対して15個も画像が生成されているのです。サムネイルや、スマホ対応の画像ができるのは仕方がないものとして、それが3倍も生成されているのは明らかに無駄ですよね。よく見るとthumbに対してthumb1という画像が新たに生成されてしまっているのです。サイトを見るとthumb1という画像を表示しているので、わざわざ新たに生成してそれを表示しているようです。原因は一体何なのか・・・。最初はSimplicityというテーマを疑いました。しかし、テーマを変えても現象は変わらず。

 次に、WLWからではなく管理画面から投稿してみました。すると、thumb1は生成されていません。WLWの問題…か。でも前はそんなに画像が生成されていなかったような。

 そこで、Auto Post Thumbnailというプラグインを無効化し、WLWで投稿してみました。するとthumb1は生成されていません。原因は判明しました。

WLWとAuto Post Thumbnailの組み合わせで画像の二重生成が発生する。

 Simplicityの機能にアイキャッチ画像を自動で設定できるという便利なものがあるのですが、WLWで投稿した場合は機能しないようで、トップページの記事一覧にもサムネイルが表示されません。どうしてもプラグインの力が必要です。

 そんな時出会ったプラグインがDefault Thumbnail Plusです。先ほどのAuto Post Thumbnailと同様に記事を投稿してみました。画像の名前だけ分かりやすいようにDefault Thumbnail Plusという名前にしました。FTPで見てみると今度は10個になっています。それでも10個と思いますが、画像にリンクを使わなければthumbファイルが生成されないので5個にできます。通常の記事の場合は今までの半分で済みます。

WLWとDefault Thumbnail Plusの組み合わせで…

Default Thumbnail Plus 1つの画像に対してこれだけですから、複数の画像を使う記事を考えるとぞっとします。投稿ボタンを押してから完了するまでの時間も短くなりました。

思わぬ効果 Photon 使用時のリンク画像最大幅がオリジナルのままに

 Wordpress高速化の一環でJetpackのPhotonを有効化しています。このとき、Auto Post Thumbnailを使って投稿した場合、リンク画像の最大幅がサイトの最大幅になって、拡大画像などにリンクしたくても勝手にリサイズされてしまうという現象が起こっていました。対処法としてはfunctions.phpの設定を一部変えれば良いのですが、プラグインをDefault Thumbnail Plusに変更した場合、設定を何も変えなくてもリサイズ画像が表示されるという問題はなくオリジナル画像を表示してくれるのです。

Auto Post Thumbnailが必要な場合はあるの?

 あります。過去の記事に一括でアイキャッチ画像を設定したい場合。以上!

 この作業が終わった後は、今回紹介したDefault Thumbnail Plusがお勧めです。カテゴリごとにアイキャッチを設定することも可能なので、Wordpressの記事にはこれ!なんていう使い方もできそうです。

 結論、生成される画像の数、Photonとの相性を考えるとDefault Thumbnail Plusを使うべきかなと私は思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク