中学社会科問題集は「試験のため」の「暗記用」です。

mondai

 中学社会科問題集をご利用いただきありがとうございます。当サイトの問題集は賛否両論ありますが、テストや受験にむけての暗記を助けるための問題集となっています。歴史を学ぶ、真実を追求するという学習をする余裕がある方は別な方法を探してください。とにかく、ある部分では受験やテストのためと割り切って使ってください。

 それでも、テストの点数が良くなれば教科が好きになり、興味が広がるというお子さんも多数見てきました。このサイトが少しでも皆様のお力になれればと思います。

 ご希望のコンテンツはこちらです。お手数をおかけして申し訳ありません。

中学社会科問題集・年号暗記集

【ちょっと小話】

 テストのために暗記する学習が良くないのではないかということは以前からよく言われることです。本当にそうですよね。大人になってから歴史ドラマや本や史跡めぐりが楽しくなるのは、いろいろな背景や人間模様が分かってくるからなんですよね。で・す・が、いろいろ厳しい現実もある中で、当サイトのことを取り上げ、リンクしているサイトを2つ見つけました。それに対する私の見解です。先方が先にリンクしていますので、こちらからリンクしたと報告に行くつもりはありません。

 世田谷区民のためのブログさん

 数あるサイトの中から見つけてリンクまでしていただいて光栄です。この方の考え方には同意できる部分もありますが、うちのサイトを例に挙げたところは間違いですね。なぜなら、内容に合致していない。短距離走の走り方を説明するのにマラソンランナーの写真を見せているような感じ。実に惜しい。

 少し詳しく書きます。このサイトの問題集を暗記学習の「テスト」としてているところです。さらに、あたかも中学校の「現場」で使われているような書き方。「歴史教科テストの問題です」と画像まで貼ってくれていますが残念…。うちは問題集です。しかも、15年前にアルバイトをしていたころに作ったものなので中学校の現場で使われたことはありません。そんなものを「今だに・・・」という書き出しで批判。批判の対象があいまいなのでこんなことになったんでしょうね。まだまだツッコミどころは満載ですが、大人気ないのでまともに相手にするには止めておきます。

試験制度によって歪められる「学び」 – るいネット

 一方、こちらの方の取り上げ方としては非常に納得。本当にその通りですね。学校の先生も受験を意識しないわけにいかないでしょう。実際の授業で行うことと、試験との乖離は古くから問題とされていること。しかし、なぜそうなるのかは子どもや保護者に向き合い進路指導をする現場を想像すれば容易に分かりそうなものです。テストで点が取れないと不利益を被るというのは現実的な問題。それから目をそらすことは難しいんですよね。だから、批判の矛先を教育現場に向けているうちは何の解決にもつながりませんよね。先に挙げたブログと比較すると違いは一目瞭然です。が、あまりに大きすぎるテーマです。どうにかなるものなのでしょうかね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク