ヒグマ出没情報

2005-07-18 (189)

 北海道に住んでいてリアルに出会いたくないものがヒグマです。動物園で絶対安全という状況であれば見ていて楽しいのですが、もしドライブ中に出会ってしまったら…。山菜取りで出会ったら…。いやいや、家の庭に出てきたら…。かわいいイラストは多いクマですが、一発殴られたらバケツ1杯分の血が飛ぶと言われている猛獣です。リラックマだって本当は怖い動物かもしれません。

ヒグマの傾向と対策

 夜行性のヒグマは、夜中にゴミ箱などをあさっているイメージがありますが、人が襲われている時間はわりと日中が多いです。しかし、臆病な動物といわれ、基本的には人を避けて、隠れて行動しています。また、鼻がよく、遠くのもののにおいを嗅ぎつけるそうです。

○ヒグマに出会ったら?

 走って逃げるのは無理か?それは難しいようです。なんと、逃げるものを追いかける習性があり時速50km~60kmくらいで走ることができるそうです。カーブの多い山間部なら車でもドキドキする速さです。ちなみにウサイン・ボルトの瞬間時速は時速45kmくらいのようですので、走って逃げるのはボルトでも不可能です。

  では、どうすればよいのか?死んだふりをして助かったという話や、口にパンチをして撃退したとか武勇伝はいろいろありますが、襲われて終わる可能性もかなり高い一か八かの賭けとなります。一般的には、「目を合わせたままゆっくり後ずさりをすればよい。」と言われています。あとは、最悪の事態に備えて武器を持つことも。使わないことが一番ですが。

クマ撃退スプレー&クマよけホイッスル【代引き手数料無料】【送料無料】

クマ撃退スプレー&クマよけホイッスル【代引き手数料無料】【送料無料】
価格:11,016円(税込、送料込)

○ヒグマに出会わないために

 昔から言われることは写真にある看板のように、ゴミを投げ捨てない、一人で山に入らない、クマよけの音を出すなど

○どこによく出没するのか把握しておきましょう。

 札幌市は中央区でもヒグマが出ます。そう言うと道外の人は「テレビ塔のある大通公園にもクマが出るのか!」と驚くかもしれませんが、中央区といっても盤渓の方に行くとかなりの山の中になります。盤渓の小学校は電気柵を設置しています。札幌市では過去のヒグマ出没データを蓄積していますので、参考にしてみてください。

ヒグマ出没情報/札幌市

2005-07-18 (190)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク