Windows Live Writerの設定を他のパソコンへ移す

458e1bd73db54e90f7717ddf007b62a0_s

 Windows Live Writer のブログの設定やテーマを、プラグインなどを使わずに他のパソコンにコピー(エクスポート&インポート)する方法です。

 パソコンを2台以上所有して複数の人でブログの更新をする場合、できればどのパソコンでも同様の設定にしておくと楽だと思います。また、パソコンを購入した時にも、windows Live Writer(以下WLW)の各種設定をいちいち設定し直すのは面倒に感じます。なんとかならないかなと思っていたところ、世の中には解決策はあるものですね。思ったほど難しい作業ではありませんが、一度やっても忘れそうなのでメモがてら記事にしていきます。我が家は、Windows10からWindows7のパソコンに移行し、その後Windows7のパソコンはWindows10にしています。これといって問題は感じていません。

1、レジストリエディタで、WLWの設定を抽出する

 WLWに限らず、パソコンでソフトを動かしている場合、そこで行った設定は必ずどこかに保存されています。その場所がわかって上手に持ち出せれば問題ないのですが、自分で見つけ出すのは難しいことですよね。そのとき使えるのがGoogle先生です。いろいろなサイトを渡り歩き、最終的にまとまったので記事にします。

 まず、レジストリエディタを起動します。どうやるかって?Windows10の場合で説明します。キーボードのWindowsのマークを押しながら、「R」を押します。すると、「ファイル名を指定して実行」というものが出てきます。これはWindowsの過去のバージョンにもあったので、出し方は違うかもしれませんが出した後は一緒です。そこに、regeditと入力します。レジストリエディタが起動します。

そして、以下のフォルダをたどっていきます。

コンピューター\HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows Live\Writer\Weblogs

image

 Weblogsまでたどり着いたら右クリックして、データをエクスポートします。Writerあたりでやったらどうなるのでしょう。ファイル名からするとそれでもいけそうな気がしますが、冒険はせずに先行事例にあるようにWeblogだけにしました。

2、データファイルをコピーする

 これだけでは、サイト名やブログのURLなどが引き継がれても、テーマが引き継がれていませんでした。そこで、以前テーマ編集をしたことを思い出し、

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Windows Live Writer\blogtemplates

の中のデータをすべてコピーしてみました。表示されない場合は、コントロールパネル(Windows8移行は画面左下のウインドウズマークで右クリック)から、デスクトップのカスタマイズ、すべてのファイルとフォルダを表示と設定を変更してみてください。または、フォルダのツールバーにも設定が出ているものもあります。

image

3、WLWの設定を新しいパソコンにインポートする

 先ほど作成したレジストリエディタのファイルを移転したいPCの画面で展開します。場所はどこでもいいようですが、WLWの設定が上書きされることをご承知おきください。

image

image

まぁ、続行しますので「はい」となります。

4、ファイルのデータを新パソコンに保存する

 あとは、先ほどのAppData以下にあったあのデータを、新しいパソコンの同様の場所へコピーします。それだけで終わりです。

5、動作確認をしてみる

 ここまでうまくいけば、新しいパソコンでも、元のパソコンと同じようなWLWの入力画面が開かれます。ただ、新しい記事をアップロードする際にはブログのパスワードの再度入力を求められますので、それだけはご承知おきください。1回入力すればあとは今まで通りの環境で記事更新ができますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク