外付けブルーレイドライブを購入し、さぁ見よう!とおもったところ再生できないなんていうトラブルに悩まれている方はいらっしゃいませんか。私もその一人でした。今やブルーレイは25GB、または50GBの大容量なのでこれからの時代もっと普及していくのではないでしょうか。昨年購入したBUFFALOの外付けのブルーレイドライブ、ハンディカムを使って自分で撮影したものをディスクに焼くために購入したものです。でも、せっかくならテレビ録画したものもパソコンで再生したいものですよね。ところが、今までは「著作権の保護に対応していない」という理由で再生できませんでした。ところがある日、再生できるようになっていることに偶然気が付きます。どうやらブルーレイすべてがダメというわけではないようです。

パソコンでブルーレイ動画を再生するための条件

 さて、どうして再生できるようになったのか検証です。その答への道筋は意外とすぐに見つかりました。簡単に言うと BD & 3D Advisorというフリーソフトを使えば、PCでブルーレイが再生できるかどうかわかります。デュアルディスプレイの場合は、その画面で実施すればそれぞれ結果がでます。うちは、サブディスプレイで実施した場合、ビデオ接続タイプ : デジタル (HDCP 対応)のところが非対応になりました。いくつもの条件をクリアしなければならないので、パソコンでブルーレイが再生できるかどうかの参考にされてはいかがでしょうか。

【メインディスプレイで実施した結果】

確認アイテム BD 情報
CPU : Intel(R) Core(TM) i7-2600K CPU @ 3.40GHz あり  
GPU (ハードウェア アクセラレーション) : NVIDIA GeForce GTX 560 あり  
システム メモリー : 4096 MB あり  
オペレーティング システム : Windows 7 Service Pack 1 あり  
オペレーティング システム : Windows 7 Service Pack 1 あり  
グラフィック カード : NVIDIA GeForce GTX 560 あり  
グラフィック カード ビデオ メモリー : 1024 MB    
グラフィック カード ドライバー : 8.17.12.7527 あり  
Blu-ray ディスク ドライブ : [G:] HL-DT-ST BD-RE BH12NS30 あり  
ディスク ドライブ : [G:] HL-DT-ST BD-RE BH12NS30 あり  
ソフトウェア プレーヤー : PowerDVD 9 9.0.2919.52 あり  
ビデオ接続タイプ : デジタル (HDCP 対応) あり  
プレーヤー能力 (Bonus View) : あり あり  
プレーヤー能力 (BD Live) : あり あり  
ハードウェア デュアル ビデオ デコーディング能力 (H.264) : 1080p+1080p あり  
ハードウェア デュアル ビデオ デコーディング能力 (MPEG-2) : 1080p+1080p あり  
ハードウェア デュアル ビデオ デコーディング能力 (VC-1) : 1080p+1080p あり  
ネットワーク能力 : あり あり  

 さて、このようなことからいろいろ調べてみると、ブルーレイのPC再生は以下の条件が必要だったのです。

  • Windows XP servicePack2以上 もしくは他メーカ製のUDF2.5ドライバー
  • HDCP対応グラフィックカード
  • HDCPディスプレイ  ←うちのサブモニターはここがダメ
  • HDMIケーブル もしくはデジタル出力に対応したDVI-I ケーブル

 周辺機器はつなげば何でも使えるというわけではないんですね。以前Windows7にしたところ動かなくなったキーボードや、Windows8から8.1にしただけで動かなくなたった授業支援ツールなどもあります。何か問題があれば同様のものがないかネットで検索すると対策ができたりあきらめなければいけなかったりといろいろわかりますよ。

最近のおすすめ

 ブルーレイの新規格「BDXL」に対応したブルーレイドライブです。ビデオカメラで撮影したハイビジョンの映像データ保存や、大容量の映像・画像データなどを扱うクリエイターの方にも最適です。