2011 サンタクロース追跡プロジェクト

この記事を読んでいるよい子のみなさん。ビッグニュースだよ!

おじさんは、ある情報筋から聞いて「サンタクロースさん動きがわかるサイト」を見つけました。

サイトはこちら、Official NORAD Santa Trackerで、

これはNORAD(北米航空宇宙防衛司令部)というチームのサイトなんだよ。

アメリカ軍が誇る人工衛星とレーダー網でその辺を歩いている人の顔まで宇宙から見つけることができるんだよ。

しかも、サンタさんいた!となったら戦闘機まで飛ばして追っかけるらしい。

それでも、なかなか追いつけないから大変なんだってさ。

この追跡は、1955年から進めているというのだから、もう、50年以上の歴史があるんだよ。

そりゃ、最初は見失うこともあったらしい。

でも、今はアメリカ軍の最新鋭機器を反映し、

「トナカイの赤い鼻から放出される熱源をミサイル検知用の赤外線探知機で追跡する」という技術と過去のデータ分析から

サンタクロースの出発を偵察衛星で確認、

飛行経路を赤外線探知機で探知しカナダから戦闘機を飛ばして追跡しているんだって。

サンタさん見つけるために、あのアメリカ軍が頑張っているんです。

また時代は変わり、GoogleやFlickr、Facebook、Twitterといった様々メディアを使えるようになったから

私たちも手軽に情報を得ることができるようになったんだよ。

近い将来、サンタさんを見ることができるかもしれないけど、見えたとしても超高速だから難しいのかな。

見たことがあるという人が少ないのもわかる気がするね。

でも、世界中で「サンタさん」と言ったらイメージが似ているのでたぶんあんな感じなんでしょうね。

さらに今年は、われらが日本でも・・・

安田女子大学が「SANTA963追跡システム」を開発し、サンタさんが今、

地球のどのあたりを飛んでいるのか地図上に表示できるようにしたそうです。

この画面をインターネットで中継し、日本に近づくサンタさんの様子を見ることができるようにしてくれたそうです。

また、日本に近づくサンタさんが迷わないようにサンタ誘導ビームを天文台から発信し、

旅の途中のサンタさんにクッキーをプレゼントするプロジェクトも計画中だとのこと。

2011年のサンタ追跡プロジェクトは熱いですね!

まもなく12月。世界各国の技術者が協力してこのプロジェクトに挑んでいます。

科学技術が発達して、サンタさんもだんだん仕事がしにくくなったでしょうね。

※※※※※よいこのみなさん、クリスマスが楽しみですね。※※※※※

去年は、みっちゃんにお風呂で遊べる「あひるの親子」が届きました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク