Windows Live Writerのテーマ更新がうまくいかなかった件の対応策

キャプチャ昨日導入した、Windows Live Writerですが、これは使いこなせるようになれば相当楽ですね。いちいちWordpressにログインをしなくていいですし、改行も勝手にされないので弱点をいろいろと克服した感じです。
さて、昨日の時点では、入力画面の背景が真っ白で、まるで全画面表示の中で記事を更新しているようでした。でも、いろいろなサイトを見ると、どうやらそれはおかしいらしく、ウェブ上で見ているのと同じ感覚の中で記事の更新ができるというではありませんか。しかし、「テーマの更新」をしても全く表示が変わる気配もなくどうしたものかと悩んでおりました。
すると、ひとつ原因が判明。

1)トップページに記事リストや固定ページを表示している。

つまり、トップページに新着記事が表示される設定にしなければならないということでした。そこで、一時的にindex.phpをローカルに保存し、single.phpをindex.phpにリネーム。ダッシュボードの設定で記事表示数を「最新の投稿」「1件」にしてから、テーマの更新をクリック。するとなんと・・・

もう、驚きで言葉がでません。

今まで味気ないWordpressの入力画面でしたが、ウェブで見ている画面にそのまま入力しているような感覚になりました。この画面に画像をドラッグするだけで、画像のアップロードもできるので記事更新は「超」が付くほど格段に楽になりました。なんてったって、Wordや一太郎で文章を作っているのと変わらない感覚ですから。もう、こうなったら誰でも更新デキル感じです

ただ、このシステムを導入するのは簡単ですが、Wordpressを思いのままに設定するためにはちょっとした修業は必要ですが。いやぁ、びっくりです。

2)それでもうまくいかなかった「なまら北海道だべさ」

なまら北海道だべさはどういうわけかうまくいきませんでした。記事のカテゴリによって表示画面を変える設定を入れているのが原因かと思い、いろいろ最初の設定にしてやってみましたがうまくいかず。ほかのテーマをダウンロードしてやってみてもうまくいかず・・・。

でも原因がわかりましたよ。原因はQuick Cacheというプラグイン。これを無効にしたらうまくいきました。さてさて、便利になった「なまら」の記事更新。画面が見やすく画像挿入も簡単に。所要時間も大幅削減です。

Internet接続ができなくても、パソコン上に記事を保存しておいて後でアップロードすることも可能なので、旅行記なんかは最高に楽ですね。その場で写真を流し込んでおけばいいだけですから。便利便利。

3)一部記事更新の情報が大量に流れた恐れがあります。(お詫び)

Windows Live Writerにテーマをダウンロードする際、ダミーの記事が一度投稿されます。その記事は自動的に削除されるため、多く出回ることはありませんが、更新情報を受信されている方には、更新情報がスパムのように流れてしまった恐れがあります。システム上とはいえご迷惑をおかけいたしましたことをお詫びいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク