十勝沖地震津波画像 2003年9月26日 釧路市

sairen

 平成15年9月26日午前4時50分頃に地震が発生し、道東を中心に大きな揺れを感じました。震源は釧路沖で、震源の深さは約42キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は8・0。釧路町、厚岸町で震度6弱を観測し、道内全域で大きな揺れを観測しました。家を決める時に不動産屋の人が、「冬は地震が少ないよ」と言ったことを思い出しましたが、よく考えるとそんな訳もなく…。

そして、その日は突然やってきました。

被災の記録 2003.9.26

 突然の激しい揺れで目が覚めました。残業で日をまたいでの帰宅だったこともあり、揺れで急に起こされても頭の中が半分ボーッとしていました。大きな音とともに身体は激しく揺さぶられ、周りを見ていると、家の中にあるものが滑るように動き出しました。あまりの衝撃にすぐに地震とは思えず何が起こったのかよくわからない状況でした。とっさにコンポを押さえ、立ち膝状態で耐えていると突然窓が開き、「何で窓が開くんだよぉ!!」と思いながら必至に耐えました。「くっ!くっ!くっ!くずれるー!」崖の上に住んでいたので恐怖を感じ始めたころ徐々に揺れが収まり事なきを得ました。

 冷静になってようやく地震だということがわかり実家に電話をすると、こちらの話を聞く前に「激しい地震があったんだよ!」と興奮状態で話になりませんでした。それにしても、停電にならなかったのは幸いでした。部屋を見回すとあちこちにヒビが入っているし、いったいどうなるのか不安になりました。

 「あ”っ!!!!」ここで、テーブルの上のラーメンのつゆに気付きます。いつもは食器を洗ってから寝るのに、この日は残業で相当疲れていたこともあり、この日に限って食べっぱなしで寝ていました。それもほとんどスープは残したままだったので、それがこぼれているではありませんか。それがあと一歩のところで、カーペットには落ちなかったのが幸いでした。これまた、テーブルの上にだらしなくバスタオルを置いていた事もまた幸いしたのです。

2003.9.26十勝沖地震関連 (1)

2003.9.26十勝沖地震関連

「津波警報」発令

 テレビをつけると津波警報が発令されていました。窓の外では釧路町の防災無線が鳴り響いていました。後に防災無線については、釧路町で流して釧路市では流さなかったので、釧路市の対応は後に非難されることになりました。

津波撮影

 5:00をまわり外を見ていると、釧路川を津波の第一波が遡上していくのが見えました。「津波だ!」手元にあったカメラを持ってとっさに撮影したのがこの写真です。

2003.9.26十勝沖地震関連 (5)

 この写真を撮影した当時は、「津波」の恐ろしさなど全く知りませんでした。いつもより強い波が来る程度だと思っていましたが、スマトラ沖の地震や東日本大震災で全く違う種類の現象だということを知りました。この程度で済んで本当に良かったと今になって思います。

2003.9.26十勝沖地震関連 (8)

 干潮に近い時間帯だったはずだでしたが、気が付くと川の水位が高くなっていました。水位が上がる大潮と重ならなくて助かりました。

強い引き潮が起こした現象

 津波が通過してしばらくすると、今度は激しい引き潮のようです。2kmほど上流にある釧路町木場の木材置き場から大量の木材を掴み取るようにして川の水が海に戻っていきました。材木が一本、また一本と流れでてきて、気が付くとこんなにたくさんの材木が流れ出していました。

2003.9.26十勝沖地震関連 (20)

 津波が第2派、第3派と繰り返し押し寄せる中で、材木は上流へ下流へと行き来しました。次第には支流にも入り込んでしまいました。回収するのも大変そうですね。

2003.9.26十勝沖地震関連 (28)

川の水がかなり引いた状態

 引き潮の後、川の水の流れが止まった状態。水面に建物の影が映っています。大きな丸太が川岸に打ち上げられています。

2003.9.26十勝沖地震関連 (25)

2003.9.26十勝沖地震関連 (29)

 昼過ぎにはタグボートが出てきて材木の回収が始まり、回収作業は深夜まで続きました。

市内の様子

壁が剥がれた建物が多数

 この日は午後からの出勤でした。出勤の途中に町の様子を撮影すると、壁がはがれた家がいくつもありました。ホテルは壁が剥がれ落ち、断熱材がむき出しの状態になった家もありました。

2003.9.26十勝沖地震関連 (32)2003.9.26十勝沖地震関連 (31)

2003.9.26十勝沖地震関連 (36)2003.9.26十勝沖地震関連 (35)

JR北海道への影響(釧路の状況)

 駅に行っている間にも震度3クラスの余震が2回ほどありました。情報によると、札幌から釧路にむかっていた「特急まりも」が直別で脱線し、さらにその他線路でも被害が発生したそうです。地震後約1ヶ月に渡りダイヤに影響がありました。もちろん、この日は終日運転を見合わせでした。

2003.9.26十勝沖地震関連 (38)

2003.9.26十勝沖地震関連 (40)

トロッコに乗っての目視。自転車のように漕いでいるのか、動力があるのかは不明です。

2003.9.26十勝沖地震関連 (13)

市外の状況

 2003.9.26十勝沖地震関連 (42)

 1枚目は数日後、旭川に向かう途中の国道392号で撮影した写真です。余震に対する注意を促す表示だと思いますが、「地震発生」はちょっと違うような気がします。

2003.9.26十勝沖地震関連 (47)

 そして、これは1ヶ月ほど経ったあとの国道38号で撮影したものです。 路肩を示す矢印や道路わきの電信柱が左右に大きく乱れています。

その後

 この地震では人的な被害は少なかった事が幸いでした。もしこれが冬だったら…。その後、日本でも世界でも大きな地震がおこり、甚大な被害がでています。いつ発生するかわからない巨大地震。私は「携帯電話」「財布」「車の鍵」「めがね」を置く場所を決めるようにしました。車に入る事ができれば、移動できなくても暖はとれるし、ラジオも聞けます。今回の経験を生かしていきたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク