無料レンタルサーバーの選び方と後悔しないための4つのポイント。

bsGreen5_bite20141123160246

 ホームページのデータがある程度出来上がったらサーバにアップします。サーバーは、自分のホームページのデータを置いておく場所で、世の中の人はそこにアクセスすることでホームページを見ることができるということです。だから、サーバーの条件としては24時間年中無休で電源が入っていることと、外部からアクセスできるようにしていることです。

 知識と技術さえあれば自宅のパソコンをサーバーにすることも可能なわけです。自由に何でもできるメリットもあれば電気代やメンテナンスなど当然デメリットもありますよね。私は安全かつ簡単にできる方法としてレンタルサーバーを利用しています。

なぜ無料で利用できるのか

 無料ホームページスペースの場合、自動で広告が表示されるものが多くあります。また、広告メールの受信義務が発生する場合もあります。これら広告費により、無料でホームページスペースを提供できるのです。

サーバーを選ぶ4つの基準

 では、そのサーバーとやらはどこが良いのか。何を基準に選んだらよいのか。ホームページを長く運営している方はそれぞれのこだわりがあると思いますが、初めての方はよくわからないところですよね。もし私が今からレンタルサーバーでホームページを運営するなら、次の点を比較してサーバーを決めます。私が重要視するものを順番に書きます。

①独自ドメインが使えるか

 まずはなんといってもこれです。独自ドメインは、このサイトでいえば「n-hokkaido.com」の部分です。ドメインの種類にもよりますが、安いものなら1年間1,000円くらいで使え、仮にサーバーをコロコロ移転してもドメインを割り当てることで見た目には何も影響しないという優れものです。本気でこれからサイト作りをしようという方は、最低限の投資だと思っても良い部分です。

独自ドメインを使用する3つのメリット
 独自ドメインとは何か。そして、独自ドメインにはどんなメリットがあってお金をかけてまで取得するようなものなのか。ホームページを作成しない人...

②データーベースは使えるのか

 すべてHTMLで作るホームページであれば必要ありませんが、ブログのようなシステムを構築できるWordpressを使うのであればこれは必須です。

ホームページの更新を劇的に楽にする!初心者でもできるWordPress導入!
 ホームページに新着記事一覧を自動的に表示したい!コメントを受け付けたい!でも既存のブログじゃ物足りない。リンクをもっと簡単に貼ることはで...

②容量はどれくらいか

 動画はYouTubeにアップロードしてリンクを貼ったり埋め込んだりする方が良いと思いますし、画像もきちんと圧縮(最適化)しておかないとサイト表示が遅くなり、アクセスにもつながりません。そんなことを考えてサイト作りをすると容量はそんなに食いません。なまら北海道だべさでも1G使っていません。当面は500MB~1GBもあれば十分です。

③広告は表示されるのか

 広告は仕方がない。ただ、私が最初に使った「とくとく」は、広告の表示の仕方も見苦しい上に、サイトが表示されるまでにかなりの時間を要しました。だから、広告表示のあるスペースは遠慮したいものです。それに、ある程度のアクセスが見込めるサイトなら、自分で広告を設置すれば自分の収入になりますよ。

無料ホームページスペースを選ぼう!

無料ホームページスペース(サーバー)選びのポイントをランキング形式で紹介します。

サービス名 独自ドメイン WordPress 容量 広告表示 CGI
1※ ドメイン名取得&無料レンタルサーバーサービス『エックスドメイン』

○MySQL容量も100MB

3GB(5GB)

無料ホームページならSITEMIX

△インストール済み

1.5GB

あり

ぶっとびねっと – 無料で使えるサービスいろいろ

×
サブドメイン

無制限

あり

サービス紹介-無料で使えるホームページサービス! ウェブクロウ

△広告表示 容量50MB

1GB なし

×

無料ウェブサービス XREA.COM ○バリュードメインで取得 ドメイン取得により可

1GB

あり

 ランキングといっても、今の私が本気で選ぶとしたら1番しかありえませんWordPress&独自ドメイン可能&無料」の組み合わせで最低2GBはが欲しいんです。エックスドメインなら、ドメイン取得(有料)をすればですが、上記のようにWordpressのデータベース容量も、サイトの容量もアップします。広告についてもパソコンで見る場合は表示されません。

※Xdomeinの「無料レンタルサーバー」からPHP・MySQLのタブを選ぶ。Wordpressしか使わないのならWordpressタブから契約すると、なんと5GBも使える。

image

 上のランキングは、無理やり他の選択肢は…と頑張って5つ探した結果です。1つだけ紹介してランキング…とはなりませんから。

 今回調べてみて、現在の「なまら北海道だべさ」を大きく変えずに収容してもらえるところはありませんでした。既にドメインももっていますし、今となっては有料のサービスしか使えないということもわかりました。

erabu

もっとたくさんの中から選びたい!

 もちろん、Wordpressか独自ドメインのどちらかをあきらめるとして考えた場合、選択肢は広がります。サイト作りを始めたばかりの人にとっては、どちらかといえば、独自ドメインをあきらめて、幅広くトライアルできる方が勉強になるのかなと思います。サイトを移転したり、さらに独自ドメインを取得したりする場合でも「リダイレクトを設定し新しいページに誘導する」という方法を使えばカバーできるので、まぁ良いのかなと。それでも、こだわりがないのならやっぱり1番のエックスドメインでしょうね。接続の速さや使いやすさは抜群だと思います。長くサイトを運営していると無料版だと物足りなく感じてしまい、紹介しようにも数ある中から自動的に絞ってしまいました…。

無料スペースのデメリットを確認しておこう

 無料であることが最大のメリットなら、デメリットは何か。私が感じたものを次に挙げます。無料だから…と割り切れるのなら問題ないのですが、年間数千円でクリアできる問題なので、せっかくなら…と思う人もいると思います。

①広告が多い…だから表示が遅い。
②独自ドメイン、CGI、データベースなどの制限が多い。
③かなり容量が限られている…50MBくらいだとさすがに少なすぎる…。
④負荷がかかれば容赦なく即削除される

 試しにやってみるなら無料でいいと思いますが、本気でこれからやろうと意欲に燃えいるかたは、有料版も含めて考えてみてください。

価格、使いやすさ、安心を重視するなら「さくらインターネット」がオススメ!
安心と実績 費用対効果 バランスの取れた老舗サーバー  ホームページのデータをどこに置くか。サービスがいろいろあって悩むところです。でも、...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク