中央バス 懐かしの南美唄線 南美唄6丁目

P1010110P1010111

P1010113P1010114

南美唄6丁目、終点です     労災病院経由

P1010117P1010118

思い出のバス待合室     美唄ターミナル

中央バスのバス路線見直しで廃止になって久しい南美唄6丁目線。美唄駅前から自衛隊前経由の南美唄6丁目行きと、12号線からストレートに行く路線がありました。

私の記憶のある範囲では、小学生の頃、15分おき、中学生の頃20分おき、高校生の頃45分おき、と減便されていき、コースも「労災病院前」経由となったと思います。そして、大学生の頃には、時間を調べないと乗れないというような、一日数本路線になり、大学院生の頃ついに廃止となってしまいました。ターミナルもなくなっちゃいました。昔は美唄からも道内各地にバス路線が伸びていたのに・・・ 確か、滝川や留萌もあったような・・・。

現在は美唄自動車学校のBIJIKOバスがバス路線を守り、さらに南美唄の中の方まで運行してくれているので、本数は少ないが大変ありがたいことである。

時代の流れと言えば、専修大学北海道短期大学も平成23年から学生募集停止。どんどんさびしくなりますねぇ。

コメント

  1. 南美唄というと元炭鉱で栄えた町ですね^^

    当時の炭鉱の社宅は、電気、水道など 光熱費はすべてタダだったこともあり、
    どの家庭も全部屋(トイレまで)電気をつけている家が数多くありました。
    南美唄は炭鉱にしてはめずらしく平地にあるJR函館本線沿いの地域なので
    夜、札幌方面から列車で来ると、宝石箱をひっくりかえしたようにキラキラと、
    山並みにとても綺麗な夜景が広がり、それが見えるともうすぐ美唄駅ということで 
    皆、降りる身支度をしていました。

    炭鉱が全盛期の時は、小学校も一学年15クラスにもなり
    炭鉱病院も第一、 第二・・・外科など、まるで大学病院の教授のように
    スタッフを何人も引き連れて回診をしていたそうです。

    お盆には
    賑やかに子供盆踊りが終わると今度は大人の盆踊りで、
    北海盆唄が鳴り響く中、踊る方も見るほうも何重にも輪になって 
    夜遅くまで踊り明かしたり・・・。

    そんな華やかだった炭鉱でしたが、
    閉山後は毎日のようにクラスから友達が転校していったそうです。
    今では歯が抜けるように家も無くなり、雑草が風に揺れている寂れた町、
    JRの窓から目を凝らすと 
    暗闇の中にやっと見える ポツンポツンと立っている街灯の光・・・

    特別、裕福でも貧しくもなく、石炭ストーブの煙突を真っ赤にして
    アイスクリームを食べていた時代ですが、
    でも何だか未来も明るくて、希望が持てたあの頃だったのではないでしょうか。
     
    札幌への一極集中と地方の過疎高齢化・・・

    今、朝はタイマーの石油ストーブで部屋も暖まりとても便利な生活ではあるけれど・・
    何ともいえぬ不安いっぱいの暗い世相ですね。

  2. 高橋 より:

    地元がこちらなので廃止にされたのはSHOCK弟酢。市バスと連携して循環バスにしたらいいのに。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 南美唄というと元炭鉱で栄えた町ですね^^

    当時の炭鉱の社宅は、電気、水道など 光熱費はすべてタダだったこともあり、
    どの家庭も全部屋(トイレまで)電気をつけている家が数多くありました。
    南美唄は炭鉱にしてはめずらしく平地にあるJR函館本線沿いの地域なので
    夜、札幌方面から列車で来ると、宝石箱をひっくりかえしたようにキラキラと、
    山並みにとても綺麗な夜景が広がり、それが見えるともうすぐ美唄駅ということで 
    皆、降りる身支度をしていました。

    炭鉱が全盛期の時は、小学校も一学年15クラスにもなり
    炭鉱病院も第一、 第二・・・外科など、まるで大学病院の教授のように
    スタッフを何人も引き連れて回診をしていたそうです。

    お盆には
    賑やかに子供盆踊りが終わると今度は大人の盆踊りで、
    北海盆唄が鳴り響く中、踊る方も見るほうも何重にも輪になって 
    夜遅くまで踊り明かしたり・・・。

    そんな華やかだった炭鉱でしたが、
    閉山後は毎日のようにクラスから友達が転校していったそうです。
    今では歯が抜けるように家も無くなり、雑草が風に揺れている寂れた町、
    JRの窓から目を凝らすと 
    暗闇の中にやっと見える ポツンポツンと立っている街灯の光・・・

    特別、裕福でも貧しくもなく、石炭ストーブの煙突を真っ赤にして
    アイスクリームを食べていた時代ですが、
    でも何だか未来も明るくて、希望が持てたあの頃だったのではないでしょうか。
     
    札幌への一極集中と地方の過疎高齢化・・・

    今、朝はタイマーの石油ストーブで部屋も暖まりとても便利な生活ではあるけれど・・
    何ともいえぬ不安いっぱいの暗い世相ですね。

  2. 高橋 より:

    地元がこちらなので廃止にされたのはSHOCK弟酢。市バスと連携して循環バスにしたらいいのに。