カメラのバッテリーはこまめに更新

パナソニック BCD10の使い心地

 カメラを買ってしばらくすると、充電の減りが早いと思うことがありませんか。せっかくの性能を生かし切れない、撮影したいときに電池がない!ではもったいないです。そこで私は替えのバッテリーを何年かごとに購入しています。今回はパナソニック BCD10というもの。普段仕事で使っているカメラ、Panasonic LUMIX DMC-TZ3のバッテリーの寿命が来たので新しく購入です。互換充電池も、こんなに安いものが出ていてビックリ。純正品だったら4000円はするので10分の1の価格ですよ。カメラが壊れさえなければ少々のことでは文句が言えない、そんな値段ですよね。実際、使ってみてもそんなに問題に感じることはありませんでした。すごくありがたいです。

デメリット

 過去のレビューを見ると、発熱したとか膨張したとか稀にはあるようです。私は過去に8個購入していますが、そういう状況になったことはありません。決めるのは自分自身ですので純正を買うか、互換製品を買うかよくよく考えてみてください。問題さえ発生しなければ純正品となんら変わりません。(当然か・・・)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク