キーボードを分解掃除・水洗いしました。

 これは自己責任でお願いします。実はキーボードにコーヒーをこぼし分解掃除をしてみました。ダメ元での挑戦ですが手術は無事に成功したので記録として書きます。なお、今回の掃除では使いませんでしたが、キーを外すのに便利な道具もあるようです。

 では早速掃除をはじめましょう。まず後ろのネジを外します。

DSC_5392DSC_5393

 6つのネジを外すと、カバーが外れました。噛み合っているので、外に開くように端からはがしていきました。

DSC_5394DSC_5398

キーボードのキーを1つずつ外していきます。上の方を軽く持ち上げるようにしてしたにスライドさせると簡単に外れましたが、硬いやつがあって力を入れたら、勢いで指を切り出血しました。要注意です。キーの横にある突起状のものが危険です。

DSC_5401DSC_5402

朝1回軽く掃除をしたあと(その時も相当ゴミが出ました)だったのでこんなもんですが、多分それをしないでやったらもっとごわごわやいろいろんなクズが溜まっていたと思います。なんか、もったいないことをしたな。

DSC_5403DSC_5397

クリップを伸ばしてうまくやっていくと簡単にはずれます。

DSC_9889

ここからが勝負所。良い子は真似をしない方がいいかもしれません。前回の掃除ではやらなかったことに踏み込みました。まずはここをはがします。案の定コーヒーでベロベロです。

DSC_9904DSC_9905

なので水洗いしました。まるでいくらの醤油漬けです。

DSC_9908DSC_9909

DSC_9910DSC_9911

その後、しっかり乾燥させてから復元です。キーボードのボタンの位置を撮影しておくことを忘れないでください。悲惨なことになります。

DSC_9913DSC_9940

何か破片みたいなものが落ちていましたが、キー操作や押した感触に何も問題はないので、気にしないことにします買ったときのようにキレイになりました。満足です。

キーを壊してしまったときに

キーボードの特定のキーを無効にする・変更する windows7 – なまら北海道だべさ

 実は、プラスチックの突起のようなものを傷つけてしまい厄介なことが起きました。キーを外す時に気を付けてください。水洗いの影響ではありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク