「 785系 」一覧

 JR移行後、1990年(平成2年)10月に札幌 – 旭川間の高速道路が全通に対抗し、 同区間の線路改良と並行して、営業最高速度 130 km/h を可能とする新型車両の開発がなされ、1990年(平成2年)5月に785系電車が完成した。JR北海道発足後、初の特急形電車となった。当初は、特急「スーパーホワイトアロー」として札幌駅 – 旭川駅間 136.8 km を1時間20分、表定速度 102.6 km/h で連絡した。
 2002年(平成14年)には「uシート」車両を製作して編成を組み替え、従来の781系に代わって快速「エアポート」として新千歳空港駅まで運用されるようになった。 2007年(平成19年)10月の781系引退後は旭川方面の列車はパートナーを789系に変え、愛称もスーパーカムイと一された。また、室蘭方面へはエル特急「すずらん」として活躍している。

785系 NE303 スーパー白鳥

785系 NE303 スーパー白鳥

スーパーホワイトアローの増結車両を改造してスーパー白鳥としてデビューしました。苗穂工場の掲示板でお知らせしていましたが、最初は冗談だと思って...

スポンサーリンク
スポンサーリンク