独学でもできる!初めてのホームページ作成と7つのポイント。

 2004年の春、私は思い付きでホームページを作りたいと思いました。でも、作り方はおろか、インターネットについてもよくわかっていませんでした。それでも、現在こうやってホームページを公開し、年間20万アクセスのサイトをつくることができました。

dokugaku

「一生懸命勉強をしたから?」

いいえ、そうでもありません。

「頭がいいんでしょ?」

いやぁ、照れますな・・・。ってそんなこともありません。

 文系の私でもできるようなものだったのです。私のホームページ作りは1冊の本と、それに収録されている簡易エディタから始まりました。このページでは、初めてホームページを作ろうと思う方に、「最低限ごれだけあれば大丈夫」というものを紹介します。

①ホームページ作成の見通しをもつ

「自分にもできそうだな」と思うことから始める。

 ホームページづくりを始めるにあたり、疑問に思っていたことがたくさんありました。中でも気になったことは4つあります。

1、ホームページを作るのにお金はかかるの?

 全くお金をかけずに作ることは可能です。時間の節約や出来栄え、サイト表示の速さや容量など、こだわりだせば「お金をかけたくなる」こともあります。

2、素人でもできるものなのかな?

 できます。実は仕組みは非常に簡単です。メモ帳などのテキストエディタでもできるんですよ。その気になったらWordでも。だから1~2時間本を読めばサイト作りの基本的なことがわかると思います。 

3、そもそも何を使って作るのかな?

 特別なソフトが必要かといえば、無くてもできます。詳しくは後半に記述しますが、市販のソフトはいろいろなことが簡単、便利に、見栄えよくできるように作られています。

4、どうやって世の中に公開しているのかな

 自分の家のパソコンではなく、サーバーと呼ばれる「いつも電源が入っているパソコン」にデータを置かせてもらって、みんなそこにアクセスして閲覧するというイメージです。家で作ったデータをそこに送るという作業がホームページ作りの基本です。結論は、ただホームページ公開するならお金をかけずに、しかも、かなり簡単にできるということです。

時間的な見通しをもつ。

 ポイントは、あせらずゆっくりやることです。このサイトも、ある程度形になってアクセスをいただくようになるまでには1年かかりましたし、その後もゆっくり改良を重ねながら現在に至っています。
 これから始める方の参考になることもありますし、自分自身の備忘録も兼ねて2004年のサイト開設以来の主な出来事をまとめました。「にゃんたろうの部屋・北海道」という鉄道と猫と温泉のホームページ。当時、たくさんの仲間たちがサイトを立ち上げ、鉄道サイト猫サイトと相互リンクを結びましたが、ブログやSNSが普及するに従い、その数は減少してしまいました。
 近年は、ブログのようにホームページを作成できるWordpressが有名になり勢力を広げ、またホームページ作りが見直されるようになってきています。このサイトも、「なまら北海道だべさ」に名前を変え、いろいろなものを取り入れたり試したりしながらここまで歩んできました。

『なまら北海道だべさ』サイトのあゆみ

②まずは「ホームページ」をつくろう!

 さて、先ずは自分のパソコンに「ホームページ」を作ります。「こんなページをつくりたい。」「こんなことを紹介したい。」などやりたいことがあれば話は早いです。デザインも迷うと思いますが、どんなに頑張ってもきっと後から何度もリニューアルしたくなると思いますので、まずは見せたいホームページを作ることから始めていきましょう。

henkan

参考書「全部無料でつくるはじめてのホームページ」

 さて、ホームページ作りを始めた2004年。私は、「ホームページをつくりたい。でも、お金はかけずにやりたい。」そんな都合の良いことを考えていました。そしたら、なんと本屋さんにちょうど私の願いにぴったりな題名の本があるではありませんか。買ったのは旭川の緑町にあった文教堂です。すべてはこの本との出会いから始まりました。

 この本にはCD-ROMもついていて、ホームページ作成に必要なHTMLコードを出力してくれます。この本を買った時点で「無料じゃない」とツッコまれましたが、ホームページの仕組みを学習するためには非常に分かりやすく、このときに身に着けた基礎があるからこそ、ここまでやってこられたのだと思います。この本の良いところは、文字が大きく画像も多いことからスラスラ読めるということです。1~2時間もあればホームページ作りのポイントがつかめます。あれから10年。おかげさまで年間20万アクセスに届くサイトになりました。

劇的に作業を効率化する「ホームページビルダー」

 「ホームページビルダーは絶対に必要なの?」といえば、そんなことはありません。むしろ、仕組みを学習し、それなりのページをつくるまでならこの本で十分です。付録のホームページ作成ソフト(エディタ)で、HTML言語を学びながら楽しくつくることができます。

 HTMLを理解していると、サイトの表示がおかしくなった時に原因がすぐにわかるようになります。でも、経験者として少しだけアドバイスさせてください。10年前でさえ、この本に収録されているソフトとホームページビルダーの差は歴然でした。基本は同じなんですが、画像の挿入や、リンク処理、表のデザインなど細かいところが楽なんです。画像を編集する付属のソフトもついていますし。基本は一緒と言いながら、本についていたソフトからホームページビルダーに乗り換えた時、その便利さに感動したことを覚えています。だからきっと、この本のソフトでは物足りなくなります。だったら、最初からホームページビルダーを使い、その説明書を読んで、HTMLも意識して勉強するようにした方が良いような気がします。あ、もちろん最新版じゃなくても十分ですよ。1つ2つ前のバージョンなら安く売っています。それで十分。一応参考までに…。

ホームページビルダーを使う5つのメリットとは?
 ホームページをつくるためにホームページビルダーは絶対に必要か?いえ、そんなことはありません。でも、ロングセラーになっているこのソフトには...

③「独自ドメイン」を取得する

 独自ドメインは携帯電話の番号ポータビリティ(MNP)のようなものです。携帯会社が変わっても番号が同じだと楽ですよね。独自ドメインの場合、サーバーを移転しても、サイトのアドレスはもちろんメールアドレスも変更しなくて良いというメリットがあります。だから、早い段階で自分だけのドメインを取得すると後々楽だと思います。

独自ドメインを使用する3つのメリット
 独自ドメインとは何か。そして、独自ドメインにはどんなメリットがあってお金をかけてまで取得するようなものなのか。ホームページを作成しない人...

④無料ホームページスペースを探す

 私もまずは無料のホームページスペースで始めました。数ある中から何を基準に選んでよいかわからず、とりあえず「容量無制限」に注目。あっさり失敗しました。いろいろなサービスが提供されていますが、条件を絞ると実は選択肢ってそんなに無かったりもします。

無料レンタルサーバーの選び方と後悔しないための4つのポイント。
 ホームページのデータがある程度出来上がったらサーバにアップします。サーバーは、自分のホームページのデータを置いておく場所で、世の中の人は...

⑤サーバーにアップロードする

 できあがったホームページデータはサーバーに送ります。送り方はいろいろありますが、私がおススメするソフトはFileZillaです。その理由と使い方を紹介します。

速くて快適!高速FTPソフト サイトのアップロードにはFileZillaがおすすめ
 ホームページのデータを安全にサーバーに転送。速くて快適なフリーソフト「FileZilla」を紹介します。また、FTPソフトのタイプ別での選...

⑥Wordpressに挑戦する

 HTMLでは記事を更新するたびにリンクを貼ったり、新着記事の情報を掲載したりと手間がかかります。Wordpressの場合、ブログと同じようにそれらのことを一気に進めてくれます。また、記事を削除したりカテゴリに入れて整理したりといった記事の管理にも優れています。慣れてこれば自力でもできますし、初心者の方でもホームページビルダーなどを使えば、自分好みにカスタマイズできるのも魅力です。

ホームページの更新を劇的に楽にする!初心者でもできるWordPress導入!
 ホームページに新着記事一覧を自動的に表示したい!コメントを受け付けたい!でも既存のブログじゃ物足りない。リンクをもっと簡単に貼ることはで...

⑦有料のホームページスペースならこの3種

bsPAK88_syouhizei10820140304

 やりたいことが増えてくると、無料のスペースでは物足りなくなります。容量を増やしたり広告を非表示にしたりもしたくなります。お金を払うとなれば相当選択肢が広がりますが、それでも「費用対効果」がよく、充実したサーバーとなると絞られてくるものです。私は次の3つの中から選ぶのが良いと思います。

○Wordpressを使わないなら「さくらインターネット」

 さくらインターネットでもWordpressは使えます。ただ、ちょっと遅い…。さくらの良さはユーザーが圧倒的に多く、何をするにもgoogleで検索すれば先行事例が見つかることです。ホームページ作成初心者なら間違いなくさくらはオススメNo1ですね。

価格、使いやすさ、安心を重視するなら「さくらインターネット」がオススメ!
安心と実績 費用対効果 バランスの取れた老舗サーバー  ホームページのデータをどこに置くか。サービスがいろいろあって悩むところです。でも、...

○本格的にWordpressを使うならエックスサーバー系」のサーバー

 少し値段が上がりますが、Wordpressがサクサク動くのはエックスサーバーが運用するレンタルサーバーです。さくらインターネットでサイトが軌道に乗って、それでも物足りなくなってから移転しても全く問題ないと思います。さくらで3年くらい運用してからでもいいと思います。ただ、Wordpressをメインにするならこちらがオススメです。比較動画などもご覧ください。

Wordpress高速表示!wpXは本当に速いのかな?
 この度、10年間お世話になったさくらインターネットのレンタルサーバーからWordpressの高速化を目指して、wpXサーバーに移転しまし...

以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする