おとなの鉄道模型俱楽部

 少年の頃にお小遣いをためて買って大切にしていた鉄道模型。大人になってからは場所も時間もなく、ただただ大切に保管していたもの。それをついに広げて楽しむ場所と時間を設定することができました。名付けて「おとなの鉄道模型倶楽部」です。

 妻の目を気にしつつも、少しだけ設備投資をしながらみんなで仲良く楽しんでいます。

活動の記録

鉄道模型俱楽部

2016年6/18-6/19 ⑬ 12/10-11
2015年( 3/22 大麻 ) ( 4/25 江別 ) ⑨ 5/2-5/3 ⑩ 7/19 ⑪ 12/19
2014年1/4  ( 3/22 上江別 ) ⑧ 5/3-5/4 ( 7/20 江別 ) ( 11/29江別 )
2013年2/2 ⑥ 3/236/29 江別・8/11 江別・9/28江別 ) ( 11/30江別 )
2012年3/174/21 ③ 10/20 ④ 12/15

 2013年~2015年は江別・大麻での開催もありましたが他の団体との共催およびすべての記録が残っていないため掲載していないものもあります。

活動拠点

札幌市・手稲コミュニティセンター

1F こぶし・しらかば2F がるがわ・ていね

P1000762

36畳

P1090632

36畳

〇 2階でもエレベータ完備なので物の搬入には困りません。
〇冷暖房もしっかりしているので快適です。

使用料:1日最大3,000円(9:00~21:00)

公式ホームページ

基本的な考え方

 健全なサークル運営のために以下に「なまら北海道だべさ友の会 おとなの鉄道模型倶楽部(以下、当クラブ)」の基本的な考え方を示します。

基本理念

・ 自宅で眠っている鉄道模型を持ち寄って、仲良く楽しむクラブです。
・ あくまでも趣味の域ですので、家計を圧迫し、家族に迷惑をかけることがないように留意します。
・ 当会参加中はたとえ社長と社員であってもフラットな関係で遊びます。イメージは釣りバカ日誌です。
・ 礼儀やマナーなど良識ある大人の振る舞いで互いに尊重し合い気持ちよく過ごします。

参加資格

・ なまら北海道だべさ友の会会員およびその関係者
・ 新たに参加を希望する方は、保安上の理由から所定の手続きを必要とします。
・ 子ども(18歳以下)のみでの参加は認めません。

活動場所

・ メンバー居住地周辺とし、おもに『手稲コミュニティセンター』を使用します。
・ 親睦および模型会普及のため、要望に応じて手稲区以外でも開催します。

会費

・年会費は設定しません。清算は各イベントごとに行います。
・見学のみの場合は人数にカウントせず、車両持ち込みや運転を行う場合は、参加メンバーとの協議の上、1人または0.5人としてカウントします。

物品の取り扱い

・ 各自、自分の持ち物に名前を付けるなど、責任をもって管理してください。
・ 紛失、盗難、物品破損その他事故については自己責任とし、本会としてはいかなる責任も負わないものとします。
・ 明らかに乱暴な取り扱いをし、当会の再三の注意喚起にもかかわらず破損してしまった場合は、当事者および参加者の話し合いによって公正に判断し、その賠償を請求することがあります。
・未成年が破損した場合は、その保護者がその責任を負います。
・販売中止等で、お金では解決できない場合もありますので、大切に扱うようにしましょう。

その他

・ 特に小さなお子様連れで参加する場合、保護者はお子様から目を離さぬようお願いします。
・上記の趣旨で行うため、不特定多数に公開する鉄道模型運転会は主催しません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする