hikouki

 このページでは、普段の生活で効率よくマイレージを貯めて、年に1回はどこかに旅行できるようにするための「お得な知識」をまとめています。カードを紹介するサイトは数多くありますが、何だかんだいって情報が多くて難しく思ってしまいます。ここでは「結局どこがオススメなのか」を私なりの視点でまとめています。

ユナイテッド航空って何?

 ANAのマイルを貯めているのにユナイテッド航空のマイレージカードって意味が分からない!そうですよね。私も最初はそう思いました。でも、いろいろ調べていくうちに一刻も早くカードを切り替えたくなるほどお得なプログラムが隠れていました。なお、すでにネット上にはたくさんのカード比較サイトがあります。同じものを作っても仕方がないので、私がオススメするユナイテッド航空のマイレージカードについて超シンプルにまとめていきます。ユナイテッド航空って何?日本で使えるの?まずはそういうところから説明していきますのでご安心ください。私がユナイテッド航空のマイレージカードに変えた理由は次の7点です。

ユナイテッドを選ぶ8つのメリット

 ではさっそく紹介していきます。特に1~5についてはものすごく大きなメリットだと思います。

1、ANA便に乗れる

 海外旅行をする場合はユナイテッド航空そのものに乗れますが、国内線の場合はそうもいかないですね。でも、大丈夫です。スターアライアンスメンバー(ANA・エアドゥ・スターフライヤーなど)の航空会社の便を予約することが可能です。

2、乗り継ぎができる

 ANAの場合、乗り継げば2区間分としてカウントされますがユナイテッド航空の特典航空券は1区間とカウントされます。

3、実質有効期限が無い

 これが最大のメリット!マイルに動きがあればその後、保有マイル全ての有効期間が1年半も延びます。だから、マイルが貯まるたびに延長されていくので実質有効期限は無いようなものです。ANAの場合、マイルになったタイミングに応じて有効期限が決まっていくので、どうしても消化しきれないなんてことも出てきます。

4、シーズン関係なく片道5,000マイル~8,000マイル

calendar

 シーズン関係ないというのがいいですね。ANAと比較してみると1,601~2,000マイル区間のLOWシーズンのみユナイテッド航空の方が1,000マイル多く必要になってしまいますが、他のケースでは全て少なく済みます。ただ、この1,000マイルも、そもそもの貯まりやすさが違いますのでこの差はあって無いようなものです。

http://n-hokkaido.com/17111.html

 ちなみに、札幌(新千歳)→北九州・福岡・宇部あたりだと8,000マイルが必要になります。しかし、岩国錦帯橋空港なら5,000マイルで済みますので、北九州に行く場合はこの方法も選択肢に入ります。時間はかかりますが電車・バス代の3,210円と乗車時間を苦にしないならいいですよね。詳しくは別ページで検討してみます。

5、マイレージプラスだとあっという間に特典航空券をゲットできます。

 1,000マイルの差があって無いようなものと書きましたが、ユナイテッド航空のマイレージプラスの場合、ANAの1.5~2倍の速度でマイルが貯まります。貯める時間も3分の2~2分の1、必要マイル数も少ないというダブル効果であっという間に特典航空券をゲットできます。

6、マイレージ番号がコロコロ変わらない

 ANAの場合は、カードを作るたびにマイレージ番号が変わりますが、ユナイテッド航空のマイレージプロフラムは、番号はひとつなのでいたってシンプルです。これは大した問題ではないかもしれませんが、メインカードとかなんとか切り替えなくていいのがありがたいような気がします。

7、マイレージを購入することもできる

 これもメリットになるかどうかは人によりけりですが、買えるそうです。あとほんの少しという時には便利かもしれませんし、有効期限を延ばしたいときにも使えますね。

8、燃油サーチャージがかからない

 一時期なまら高かった燃油サーチャージ。なんとユナイテッド航空のマイレージプログラムで特典航空券を利用する場合、ほとんどのケースで無料になっています。遠方に旅行される場合は数万円の差が発生しますね。私は海外に行く予定がないのですが、結構大きいですね。

こんなことが気になる人も…

gimon

 では、いいことだらけなのかと言うとデメリットもあります。基本的には「少し分かりにくくて、めんどくさい」ということです。

  • 外国の航空会社なのでサイトが分かりにくい
  • 予約から搭乗までがなんとなく不安・・・
  • 座席の予約が面倒
  • 直前の予約には追加料金がかかる

 こんなところでしょうか。8つの大きなメリットとこのデメリット(調べる手間・行動する手間)を天秤にかけて、ユナイテッド航空のマイレージプログラムの方がいい!となればカードを切り替えた方が絶対にお得です。ユナイテッドのメリットはANAのマイレージの弱点の部分です。そう考えると、その差は大きいような気がします。

 ただ、私も不安なので、このデメリットについては調べて記事にしていますので参考にしてみてください。

ユナイテッド航空のカードを比較する

card

では、ユナイテッド航空のマイレージを貯めることができるクレジットカードにはどんなものがあるのでしょうか。その維持コストと特典を簡単にまとめました。なお、2016年3月末現在の情報ですのでご注意ください。

ANA(JCB) ユナイテッド
セゾン
ユナイテッド
セゾンゴールド
ユナイテッド
MUFGカード
年間コスト

7,000円

6,500円

15,000円

15,000円

マイル計算

1,000円
10マイル

1,000円
15マイル

1,000円
15マイル

100円
1~2マイル

家族カード

1,000円

なし

5,000円

無料

※年間コストにはカード年会費と、マイレージ移行手数料などマイルを使うための必要諸経費を全て含めた合計金額を掲載しています。

 私は、ユナイテッド航空のマイレージプラスカードを持っていたので、現在はVISAゴールド切り替え特典を利用してセゾンカードのVISAゴールドを持っています。年会費初年度無料&ボーナスマイレージプレゼントという超お得なキャンペーンを利用させていただいています。ものすごくお得です。でも、近い将来MUFGカードも検討しています。家族カード無料なうえに、リボ払いをうまく使えば100円2マイルの高い交換率になります。リボ払いの手数料や仕組みについて少し調べてみようと思います。

http://n-hokkaido.com/17095.html