外付けハードディスクを認識しないときの対処法 Windows10

 Windows10にアップグレードしてから時々起こるトラブル。その中でも少し焦ったのが、外付けハードディスクドライブの問題です。今まで何も問題なく使えていたHDDが認識されず、中のデータにもアクセスできなくなったのです。これは一大事・・・とインターネット等で調べて対応しましたが、焦ったわりには解決方法は意外と簡単なものでした。他にも同様の現象で驚かれる方もいらっしゃると思いますので、ここで対応策を紹介します。

外付けHDDを認識しない現象

 では、外付けハードディスクを認識しない状況とはどのようなものでしょうか。次のキャプチャをご覧ください。本来はこのローカル ディスクの下に、なんちゃら(E:)などと自動で表示されていました。しかし、その表示すら出てきません。

手順1 ディスクの管理にアクセス

 画面左下のWindowsのマークを右クリックし、コンピュータの管理を開きます。そして、その中にある「ディスクの管理」にアクセスします。



 画像をクリックすると大きな画面になります。この画面では、ディスク1 ベーシック オンラインとなっていて、ドライブそのものは認識していることがわかります。正常(プライマリ パーティション)ともなっていて、問題もなさそうです。

手順2 「ドライブの文字とパスの変更」

 正常(プライマリ パーティション)と書かれているところで、右クリックをしてメニューを開くと、その中に「ドライブの文字とパスの変更」というところがありますので選択します。

手順3 ドライブを割り当てる

 開くと次のような画面が出てきますので、「追加」を選び、任意のアルファベットをドライブに割り当てます。


 あとは、OK、OKで終了です。簡単ですよね。やり方さえ分かれば3分とかからない作業です。でも、知らなければかなり悩むし困りますよね。頼むぞWindows10。

 私はドライブに「データバックアップ1号機」と名前も付けていたのでそれも含めて表示されています。

 ナビゲーションウインドウにも外付けハードディスクドライブが表示され、中のデータにもアクセスできるようになりました。めでたしめでたし、

タイトルとURLをコピーしました