• Elementor
  • WordPressを自在に更新できるページビルダー型エディタ"Elementor"の機能と使い方を紹介!

高性能SSDレンタルサーバー「ColorfulBox」へWordPress移行レビュー

 サーバーの契約期間の終了に伴い、WordPressを高速化できる最新のサービスを検討しました。今回は、株式会社カラフルラボが提供するホスティングサービス、レンタルサーバー「ColorfulBox」を利用したレビューとなります。口コミが少ないので当サイトの移行に伴って実際に使ってみた感想を紹介します。移行の仕方など技術的なことは他の記事で紹介します。

 さて、今回もどこのサーバーにするか迷いました。以前よりもかなりSSD搭載のレンタルサーバーが増えていて、高速化は標準装備といった時代です。カラフルボックスは新規参入サービスということもあって、必要な機能を十分に備えたコストパフォーマンスも良いサーバーです。

 2018年の7月26日に供用開始したばかりの最新サービス。「新しいサーバーってどうよ?」といったところですが、かなりの「当たり」サーバーのように感じています。今後、契約数が増えてきたときにまた状況が変わってくる可能性はありますが現段階での私の評価はA評価です。

公式ホームページ

できることに差が無くなってきている

 どうせ選ぶなら「私にとって一番よいもの」がいいと思いますよね。世の中には本当にたくさんのサーバーがあって、比較サイトもたくさんあって本当に迷います。まず、何をもってサーバーを選ぶかということですが、当然「やりたいことができる」という最低条件はありますよね。ただ、メジャーどころであればどこもできることに大きな差は見られなくなってきています。

 例えば、ドメインやデータベースのこと。今どき独自ドメインやWordPressが使えるのは当たり前、容量もそこそこの大容量になっています。それこそ、サイトを立ち上げたころのサーバーは500MB、1GB、3GBから選ぶなんていう時代でしたからね。今はそんな容量ではどこも相手にしてくれません。そして、高速SSD。この容量も大きくなっています。あと、セキュリティ面でSSL対応(URLがhttps://)が無料でできるかどうか。このようなことをクリアしているサーバーは本当に多くなり、当然ColorfulBoxもクリアしていました。ではどうするか。カラフルボックスを選ぶメリットや、他のサーバーとの明らかな差はどこかにあるのかを探ってみました。

CPUとメモリは十分!

CPU:Intel Xeon 28コア56スレッド
メモリ:384GB

 個人のパソコンの感覚ではとんでもないレベルですが・・・共用サーバーですものね。ちなみに、有名なエックスサーバー
あたりでは最新24コアCPU&大容量256GBメモリとなっていますので、数値でもその上を行っています。

HTTP/2 & QUICに対応!

公式サイトでは次のようにPRしています。

「高速Webサーバー『LiteSpeed』、全プランSSD、さらにHTTP/2表示にも対応した高速化へのこだわり。」

表にあるように、通信プロトコルはHTTP/2に加えQUICにも対応しています。ん?おっと、LiteSpeedの存在を忘れていました。これはプラグインを有効化しないとだめですね。ということで、プラグインを新規追加して「有効化」しました。キャッシュ関係もこれで安心です。

GTmetrixがA評価に!

 さて、ColorfulBoxに移転し賢威8のテーマを使う。それだけでもこのGTmetrixの得点がグイっとあがるというのなら検討の余地もありますよね。いかがでしょう。

 で、このカラフルボックス。まだ説明できる準備は整っていないのですが、ColorfulBoxのコントロールパネルにある、「すべてのコンテンツを圧縮」を有効にしただけで、得点が上がったのです。本当かな?何かもう少し設定があるような気がするのですがA評価が出たのは事実です。さて、公式サイトでは、Apacheでは、コンテンツを訪問者のブラウザに送信する前に圧縮することができます。圧縮されるコンテンツのタイプは、MIMEタイプによって指定されます。この機能を使用するには、Apacheのmod_deflateが正しく機能する必要がありますとあります。素人にはよくわかりませんが、圧縮されれば通信量は抑えられて高速化にもなりそうですよね。同じサーバーの中で、同じサイトを表示しているにも関わらずこれだけの差を出せるのはすごいことだと思います!

PageSpeed Insightsで比較 サーバーの応答時間短縮!

 もう一つの指標はPageSpeed Insightsです。比較したのは次のサービスです。パソコンの得点が90~95を安定して出るようになりました。

 サーバー移転前と点数的には大きく変わりませんが、サーバーの応答時間を短縮するというメッセージが出る頻度が激減しました。出ても、0.2秒などかなり短い時間です。高速化されているような気がします。

コントロールパネルがサクサク動く!

 さて、最後ですが、コントロールパネルへのログイン。これが、今まで使っていたサーバーでは結構時間がかかったのです。wpXもWordPressに特化して高速化されているというのですが、このログインには時間がかかるんですよね。カラフルボックスはその点、驚くほどサクサク動きます。サーバーでできることが非常に多いので入居はもちろん、今後サイトをカラフルボックスから他のサーバーに移転するときにもあっという間に作業が完了できそうです。お試し期間が30日もあるのでゆっくり移転してみて、実感してみてください。移転の仕方は他のページでまとめていますのでぜひご参照ください。
(リンク準備中)

今後も期待できるサービスであることは間違いなさそうです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。