1、ヘッドマークについて

1、ヘッドマークについての鉄道会社回答
 (1)運転所への納入時期 3日前まで(2月22日)
 (2)取り付け用の穴あけ  ちほく高原鉄道さんが実施
 (3)大きさ 円形の場合(直径600mm~900mm以内)
         角形の場合(一辺600mm~900mm以内)

 ※ヘッドマークの回収時期はいつになるか??

2、企画担当
  こうすけ様

3、企画詳細

P2080165IMGP0732

IMGP0711IMGP0731IMGP0720

2、オフ会列車の特製サボについて

12月14日 サボ企画担当:九州男児Jさん様

 ヘッドマークに合わせて、サボもオリジナルのものを装着しようと思います。ちほく高原鉄道本社より次のように回答をいただきましたので準備をすすめてまいります。

(1)取り付け位置 車体左右の中央部(受け具あり)
(2)大きさ 縦140mm×横600mm(JRと共通のはず)
(3)結束バンド 不要
(4)穴の場所とサイズ 意味不明・・・車両に該当箇所無し
(5)版権 特になし

現在公表されているサボです。残りは当日のお楽しみです。

20051214-3[3]

○ありえないサボ装着撮影会について
 ・ 持ち込みの枚数や他のイベントとの兼ね合いを考えて検討します。
 ・ 実施駅   候補:置戸駅または陸別駅

3、銀河線オフ会乗車証明書

・・・以前に本別駅でもらったテレホンカードサイズのものを見ると乗車証明「書」でしたので呼び方をそちらにします。(カードサイズだから「証」かなと思ったけど)

・乗車証明書について
 郵送して捺印してもらい返信してもらう。(返信用の準備が必要となる)

○製作中心担当 こうすけ様

 乗車証明書につきましては、私のほうで準備、製作などをさせていただきます。配布 のタイミングについてですが、最初のほうは何かと慌しいと思われますので、走行時 間が比較的長い区間で配布したいと考えています。証明書を撮影される方にも配慮し て明るいうちに配布したいので、最長走行区間の仙美里~足寄間(8分)の間で配布 できればと思います。

j[7]

 ということで、準備・製作・配付をお願いしていますのでみなさんご期待ください。なお、乗車証明書はこの企画にあわせて何種類あっても記念になりますので、オリジナルのものを作成して配付されたい方はご自由にお願いします。その際、私に一言ご連絡いただけると助かります。

4、旅のしおり作成

image 今回のオフ会の「旅のしおり」も手作りで行いました。関係者みなさんにお渡ししたいと思い50冊製本したが足りなくなってしまった。欠席された方で、直前までご支援いただいた方々には、近日中に不足分を製本しお送りいたします。
 旅のしおりについては、かなり前から掲示板で話題になっていました。しかし、掲示板でのやり取りには限界があるので、自分が中心となって製作するほかはありませんでした。ちょうど、修士論文の発表会と時期が重なったこともあり大変でした。ポニー139さんから原稿イメージが届いたこともあり、一部参考にしながら準備を進めました。各駅紹介や年表は鬼峠さんが作成されたものを入れさせていただきました。本当にありがとうございます。
 しおりは、自己紹介の作成に一番時間がかかりました。参加者みなさんに原稿を依頼しましたが、以来の方法が悪かったこともあり、その紹介文の長さはバラバラになってしまいました。また、一日の流れや懇親会についてのお知らせなど具体的な事を詰めていく作業も同時に行いました。
 原稿は23日の朝にはできあがりましたが、その日は、としあき氏と支笏湖の丸駒温泉に行き、夕方からは家庭教師だったため、印刷は少しずつしかできませんでした。22時に帰宅後はフル回転でプリントアウトをしました。目覚まし時計を20分間隔でセットし、終わったら、紙をひっくりがえしてプリントアウト、それが終わったら折って…という作業でした。24日、出発の朝。まだ印刷は3分の1が残っていました。午前中は、3月から勤務する職場に、仕事の関係書類を持っていったり、しおり以外のものを準備したり、荒川静香選手の金メダルを喜んだりということをしました。そんなこんなであっという間に時間が過ぎ、出発の時間は迫ります。本当は、午後1時の普通列車で滝川まで行きたかったのですが、間に合わず、タクシーを呼んで午後2時の普通列車で滝川を目指しました。ギリギリのギリギリまで印刷を続け、それでも終わりませんでした。オフ会冊子の24、25ページは宿泊したホテルでの白黒コピーとなっています。
 製本作業は、行きの列車の中でも行い、特に落合から新得、芽室までの間は車内で一生懸命製本作業をしました。あおさん、ひろみさん、としあきさんありがとうございます。
 前日の懇親会は早めに切り上げ、さやと夜中に製本作業をして、やっと完成しました。できあがった旅のしおりは、Taku@Kitamiさんが手配してくださった、北見市コンベンションセンターの観光パンフレットが入った袋にセットし、オフ会列車の各座席の上に置いておきました。ご感想はいかがだったでしょうか?

060305-1060305-2060305-3060305-4

 オリンピックを見ながら印刷→夜が明けてから製本→出発に間に合わず→キハ40の中でも→ホテルのコピー機も使い→なんとか完成しました。 

しおりのデータは会員専用ページにデジタル化して残しておきます。

5、ネームプレートの作成

 今回のオフ会では、ネームプレートを使用した。「車内での自己紹介はしない」ということで、旅のしおりと、ネームプレートを用意したのである。100円ショップで買えば、ひとつ105円になるので、40個にしたら4200円にもなってしまう。しかも、イベント終了後は差し上げるにしても回収するにしても、その扱いに困ってしまう。そこで、得意の工作を考えた。用意したものは、100円ショップの葉書、保管袋、わっか、そして毛糸である。ネームプレートだけならこれでおさまりますが、配布する際のことを考えて、小さな封筒に入れて、封筒にも印字した。これで、一人当たりのネームプレートの単価は30円くらいであるから、かなりの節約になった。
 しかも、材料はまだ残っているので、次のオフ会のネームプレートも準備できる。そう考えると、単価はもっと安くなるのではないか。見栄え、強度に対してのクレームも無かったので良しとしたい。

材料

060114-1060114-2060114-3060114-4

はがき、保管袋、わっこ、毛糸。

☆製作方法

060114-6060114-7060114-8060114-5

はがきに印刷をする→半分に切る→保管袋に入れる→穴を開ける。

060114-9060114-10060114-11060114-12

わっこを2回まきにして→とめる→毛糸を通して→できあがり。