【旅行記】8月5日① 世界遺産白川郷合掌造集落 

旅行5日目は岐阜県白川郷の合掌造集落へ。7時に朝食をとったあと、一休みしてレンタカーを借りる。インターネットで予約をしておいたので、カウンターに行ってから出発まで5分ほど。免許証を見せお金を払ってサインするだけ。手軽で嬉しい。この時点で気温は既に33℃。いったいどうなるんだろう。アスファルトからの照り返しもあり、じりじりと暑い。とにかく暑い。
 レンタカーはトヨタのVits。道外で運転するのは久々だ。
 富山インターから高速にのり、北陸自動車道を進む。途中で東海北陸自動車道に入り、白川郷ICへ。富山から高速利用で1時間少々。道路が整備されていてこんな簡単に行くことができる場所とは知らなかった。

白川郷合掌造 白川郷合掌造

一般家庭として使われているので、いわゆるよそのお宅です。パラボラアンテナがあります。

白川郷合掌造 白川郷合掌造

観光ポスターや役場のライブカメラでおなじみの景色は、城山展望台から見たもの。城山展望台までは車で行ける。

白川郷合掌造 白川郷合掌造

 緑が美しい。晴れていて最高の観光日和でした。

白川郷合掌造 白川郷合掌造

 道の駅も合掌造をイメージしているが・・・。ここでお土産の蕎麦を購入しました。しかし・・・。この時点で35℃。暑い。

高速道路を通り、富山空港近くでは「航空機に注意」して、富山駅前まで戻る。12時ごろに着いたので、レンタカーを返し一度ホテルへ。少しクールダウンしてから本日後半戦の「黒部峡谷鉄道」に向かう。

旅行記は5-2 黒部峡谷鉄道 前編へ