中学生向けの「無料授業配信」を開始しました。第一弾は地理です。→詳しくはこちら

小型PCの先駆け EeePC901を使う

なまら通信
この記事は約3分で読めます。

バッテリー駆動約8.3時間のミニノート購入 EeePC901

 現在ではタブレットPCなど小型で持ち運びにも便利なものがたくさん開発され、バッテリーのもちの良いものもかなりあります。2008年当時としては、このサイズでこの稼働時間は魅力的でした。ついに納得のいく条件のものを見つけましたので購入に踏み切りました。ASUS者のEeePC901です。予備バッテリーも購入した場合、電源無しでも16時間使えることになります。これはすごいですね!金額は49,800円(税込)送料込です。

製品名EeePC901-X FE
発売日2008年7月12日
メーカー名ASUS
カラーファインエボニー
OSMicrosoft Windows XP Home Edition 正規版 Service Pack3 セキュリティ強化機能搭載(日本語版)
メモリ(最大値)1GB(最大2GB)
液晶ディスプレイ8.9型TFTカラー液晶
解像度1024×600ドット(SWVGA)
記憶装置ドライブ12GB フラッシュメモリドライブ
インターフェースUSBポートUSB2.0×3
カードリーダーSDメモリーカード、MMC
オーディオヘッドホン×1、マイク×1
特別仕様130万画素WEBカメラ
駆動時間約8.3時間
充電時間約6.5時間
消費電力最大約36W
サイズ幅225×奥行175.5×高さ22.7(mm)
重量約1.1kg
キーボード84キー日本語キーボード
付属ソフトASUS Live Update
付属品ACアダプター、標準バッテリー、USBマウス、専用ソフトケース、取扱説明書、簡単セットアップガイド、ASUSサポートDVD、保証書

 それから5年以上たちました。この間容量が少なく旅行以外ではほとんど使用できませんでした。ところが、リカバリーして出荷当時の状況に戻したところwordやExcelも使えるようになり、少し仕事でもつかえるようになりました。ただ、もうタブレットもあるので今後どんなふうに活躍の場を与えていこうか考え物です。売っても0円のようです。

EeePC901リカバリーしてもうひと働きさせる

 売ってもお金にならないのであれば何としても使いましょう。ただ、パソコンは長く使えば不要ファイルが蓄積して容量が少なくなるものです。そこでリカバリーソフトを使い、買った時の状態にもどすという作業がおすすめです。購入直後のわくわくした気持ちを思い出してもう一度使ってあげてほしいです。

 準備するもの:外付け光学ドライブ、リカバリーCD
 操作の手順:外付けの光学ドライブをパソコンにつないでCDを入れておく。

image

 この画面が出たらESCを押してディスクドライブを選択する。出ない場合はBIOSメニューを立ち上げる。やり方は電源を入れて間髪を入れずにF2キーを押せばBIOSが立ち上がります。そこでBoot Setting Configurationと書いてあるところまで矢印キーを押して白く反転させて、Enterキーを押します。これさえできればあとは説明書の通りに行けると思います。

コメント

  1. としあき より:

    901ってもう店頭からほとんどなくなってしまってませんか?
    901の欠点は、Cが4GBしかなく、かなりしんどいところです。
    うちのEeePCは701なんですが、アップデートが容量不足でエラーがでることがあるほどなんですよね。。
    電池の持ちと値段が妥協できるならS101をお勧めしますよ。

  2. たけ より:

    S101は今日発売なのかな。
    確かによさそうですね。ただ、メインPCではないし外出先などで使うことがメインになるのでバッテリーの持ちが最優先になりますね。容量不足は解消方法がないのかな。

  3. 901用の32GB、64GBのSSDは、価格が安いので、これを換装すれば
    大容量で使えます。
    S101は、OSの起動等が早いのメリットはありますが
    換装用のSSDを使うとOS起動が遅くなるそうです。

    今買うならば、901用で良いと思います。

    ただし、今年のUMPCは、CPUの消費電力は下がったが、
    動画再生等が低下しています。
    来年のUMPCには、Moorestownというさらに省電力の
    プラットホームになります。

    私は来年買い換えの予定です。

タイトルとURLをコピーしました