2006年に実施したふるさと銀河線貸切オフ会は、なまら北海道だべさと企画に関わったすべての方の財産であり、生涯思い出として語り継ぎたいイベントとなりました。また、私たちの活動の原点ともいえるもので、これからも初心を忘れず、みんなで話し合って企画を進めるなまら北海道だべさであり続けたいと思います。

image

 「なまら北海道だべさ友の会」主催の、ふるさと銀河線車両貸切りイベントとして、当時2006年4月に廃止が決まっていたふるさと銀河線の車両を貸切り、全国の仲間と交流しました。旅行好きな方や列車好きな方、様々な分野でご活躍されている方々が知恵を出し合い協力して案を練り、列車運行を実現させました。沿線では地元有志の方々と交流をしたり、ひとつひとつの駅で降りてみんなで探索をしたりと、楽しい思い出になりました。

イベント開催日

開催日:2006年2月25日(土)
集 合:池田駅待合室 12:00
運 賃:大人3070円 こども1530円
(池田から北見までの運賃です。お弁当・懇親会は別途必要です。)

懇親会:北見到着後焼肉 大人3150円 中学生2100円

ふるさと銀河線貸切オフ会の流れ詳細

●オフ会の記録

IMGP0724 P1050263

池田駅と陸別駅にて

銀河線オフ会 応援サイト&参加者の記録

列車運行までの記録

1、銀河線貸切オフ 本社との交渉の記録・・・車内放送の件

2、みんなで決めた約束ごとや確認事項の記録

3、各種オリジナル製作物の記録

4、掲示板でのやりとりの記録(PDF) A4 133ページ 4MB 

image

決算報告

 銀河線貸切オフ会の決算報告です。なまら赤字だ!なお、レシートを確認されたい方がいらっしゃいましたらコピーをお送りします。着払いで…。

◆収入 18710円
30円カンパ×38=1140円  その他カンパ14500円
運賃ひとり分無料3070円。

◆支出 26627円
(内訳)
・ネームプレート製作費 
1220円
 
封筒390円 パッチ210円 毛糸105円 わっこ105円  ビニール210円 紙(ハガキ)50枚 210円
・ヘッドマーク制作費 
4399円
 コンパネ898円 カット50円 ビニール4m 1120円 のり298円
 両面テープ2個696円 カッターマット448円 布テープ145円 計3655円
 紙代744円
・ヘッドマーク郵送費 
3380円
 クロネコ 1690円×2
・しおり制作費 17628円
 紙代 表紙 1950円 用紙 1428円 しおりコピー代 1500円  しおりインク代 12120円 中綴じできるホチキス 630円

サボ・ヘッドマーク

P1050268 IMGP0719

IMGP0723 IMGP0737

 基本的に、常にありえないサボイベントを実施していました。池田駅では小さな鉄道博物館様のサボを装着して撮影会も実施しました。オフ会用サボはもちろん、本別から先ではいろいろなサボを装着して走りました。ありえないサボとしては、「福間」「荒尾」「下関」「久留米」など、九州方面が中心でした。また、下車後の懇親会の席で、九州男児Jさん様からオフ会オリジナルサボが、分オイ(ぶんおい)様から「福間」「荒尾」のサボを頂きました。ありがとうございました。どちらの面を表にして壁に飾ろうか非常に悩んでいます。第二弾、第三弾の貸切企画が実施されたなら、再び装着してみたいです。

本物のちほく高原鉄道運転士さんの携帯時刻表

 オフ会懇親会の席で参加者の旅行者様が、今回の列車運行のために作成された貴重な「運転士用の携帯時刻表(スタフ)」をなんとか保存できないかという強い要望がありました。その後も、掲示板でとしあきさんが書き込みをされていましたが、ちほく高原鉄道さんにお願いしたところ、本日郵便が届きました。何から何まで本当にお世話になってしまいました。感謝感謝。

060301-1  060301-2

画像をクリックすると大きな画像が開きます。

 運転士用の携帯時刻表です。7:02に北見運転所を出発したようです。朝早くから本当にありがとうございました。 池田までは我々のオフ会列車(ホワイト号)が定期列車712Dとして運行され、後方に連結していた車両(CR70-2ラッピング)を723Dとして分割しました。 池田10:19着後は、運輸課長さんと運転士さんのご協力もあり、我々が列車に向かった頃にはすでにヘッドマークがとりつけられていました。一般のお客様が降りたらホームに出ようと思っていましたが、帯広方面に乗り換えてしまったらしく、タイミングを逸してしまいました。このダイヤは池田から陸別までですが、陸別での転線の手順や、速度制限が書かれている貴重なものだと思います。右はオフ会後半のダイヤです。ここから先はあっという間でしたが、それでも2時間あったんですね。そんなに時間があったようには思えませんでした。本当に、あれよあれよと言う間に走りきってしまいました。後半は前半と違って通過駅もありました。「↓」がたくさんありますが、定時運行。さすがプロフェッショナル。北見到着後は我々を下ろしすぐに車庫に引き上げていきました。

=携帯時刻表郵送時に頂いたメッセージ=

25日の旅行に際して、色々とお心遣いをたまわり、心から感謝申し上げます。皆様の多大なるご協力によりまして、無事運行出来ましたことを感謝いたします。ご希望のありました当日の「携帯ダイヤ」を送ります。皆様によろしくお伝え下さい。

お礼をいいたいのはこちらですね。でも、本当にありがとうございました!

参加いただいた方のサイトの記録

・ 鬼峠さんのレポート 北海道観光節 

・ こうすけさんの旅日記

・ TCEさんの記録  – Voice of TAKASAGO

関連動画

・ ふるさと銀河線展望動画 (北海道ちほく高原鉄道)池田~北見

・ ふるさと銀河線展望動画 (北海道ちほく高原鉄道)北見~池田