• 北海道日本ハムを応援する会
  •  当サイトでは北海道に本拠地を置く、北海道日本ハムファイターズを応援しています。特に、2006年に『なまら北海道だべさ友の会』が発足してからは、仲間とともに札幌ドームを始め全国の球場に足を運んでいます。ここでは、その観戦記やファイターズに関するニュースなどを記録として残しています。すでに引退した選手、世界で活躍するようになった選手など、過去の記事を改めて見ると懐かしく思うものもあります。大した内容ではありませんが、ご覧いただければ幸いです。

○ 2008.3.27 L0-1F エース対決

 日本ハム・ダルビッシュ有と西武・涌井のライバル対決は息詰まる投手戦となり、0-0と互いに譲らず延長戦へ突入した。

 ダルビッシュは9回を投げきって武田久に交代し、一方の涌井は10回裏のマウンドに上がった。両投手ともに132球。涌井はフォアボール、犠打、敬遠、敬遠で満塁策をとり、代打の高橋信二との勝負を選んだ。ファイターズは涌井の132球目を捉え、サヨナラ勝利。エース対決の大事な試合をとり、3連戦2勝1敗と勝ち越すことができた。

試合詳細

2008.3.27 L0-1F エース対決

【勝利】 武田久(1勝0敗0S)       【セーブ】
【敗戦】 涌井(0勝2敗0S)
【HR】

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。