• 雪と暮らす
  • 200万人の大都市で年間6mも雪が降る都市は世界を探しても札幌だけ。時には苦しい雪の暮らしも見方を変えると素晴らしいものです。ここでは雪と私たちのくらしをまとめてみました。(雪害の記事が多いような気がしますが・・・)

除雪でできた雪山を使って大人たちが楽しくそり滑り

  北海道は本格的な雪のシーズンを迎えました。まとまって降ると邪魔くさい雪ですが、子どもの頃はみんな雪合戦やそり遊びをして遊んだものです。大人だって機会があれば本当は遊びたい?し、遊べば楽しいはずです。そう思って除雪でできたコースをそりで滑ってみました。

▶ スポンサードリンク

除雪の雪を有効活用して遊ぶ!

 この年の江別は大雪が続きました。スノーダンプ(通称ママさんダンプ)で一生懸命雪を積んでいるうちにちょうど良いそり滑りコースができ上ってきました。本格的にスピードを出したければ水をまいて凍らせるといいのですが、今回はそこまでしません。

クマファイターさやの目覚め

 冬はクマが冬眠しているので活躍の場が少ないクマファイター。しかし、オフシーズンもトレーニングを欠かすことはありません。我が家の裏にリュージュコースができたということで、さっそくチャレンジです。あわよくばオリンピック出場をめざしています。(2008年2月)

たけの「めざせオリンピック」

 こちらもバンクーバーオリンピックを目指しトレーニング。大歓声の中を滑るとこんな感じでしょうかね。

 アラサーのいい大人が家の裏でそり遊びをしているなんて近所の人は気付かないかもしれません。嫁と兄弟とでつい盛り上がってしまいました。やっぱり雪国は雪遊びをしないとね。除雪で疲れたはずなのに、そりの滑りに合わせてコースを調節してしまう。除雪あるあるでした。楽しく雪と付き合えるといいですね。

関連記事一覧

  • コメント ( 2 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. bramagi

    こんばんは。
    たけさんの動画とあわせて両方拝見させていただきました。
    面白かったですよ!オリンピックのパロディは良かったです。
    それにしても積雪量が半端ないですね。この時はどのぐらい積もったのですか?

  2. たけ

    ご感想ありがとうございます!
    私が滑った日は30センチくらいだったとおもいます。今年はまだ身動きがとれないほどの短時間での大雪がありません。うまく処理し続けていますよ。

    そり滑り。結構楽しいです!