ANAが世界に先駆けて導入したボーイング787。通称ドリームライナー。(787 Dreanliner)
1月23日より、羽田-伊丹が』就航したことにより、今回運良く搭乗する機会ができた。

787型機の詳細についてはANAのホームページに載っているのでそちらをご覧いただくのが一番だと思うが、せっかくなので今回撮影したものを紹介します。

DSC_1549DSC_1555

伊丹空港にて撮影。真冬の大阪も寒いですねぇ。

DSC_1566 DSC_1573

どこから見てもわかる787のデザイン。従来の飛行機に比べ、窓が結構大きい。どこの席からでも見える窓の眺めといいますが、外の様子が見えるというよりは、空が見えるという感じでしょうか。ただ、前よりは広いのでそれなりには見えますけど。

DSC_1571DSC_1577

羽田までのフライト。シュッとのびた翼の形が印象的です。

DSC_1578DSC_1581

すべての座席にモニターがついています。国内線の短時間でもあると楽しいです。

DSC_1586DSC_1589

特に、地図が楽しいです。普通席のシートも悪くない。

DSC_1588DSC_1592

ロボットの顔が並んでいるみたいです・・・。

DSC_1598DSC_1603

リッチなプレミアムシート。私には縁のない話だと思いますが、JRでいうグリーン車みたいなものですね。

DSC_1599DSC_1600

羽田に着くともうかなり日が暮れていました。1月2日、27日、29日と3回羽田に着陸しましたが、3回とも同じような時間帯で、ちょうど富士山が夕焼けの中に浮かび上がっていました。

今日も、明日も、明後日も・・・同じように飛行機は飛び続けているんですよね。次はいつ乗ることができるかなぁ・・・。