• ホームページの基礎知識
  • たくさんの方にアクセスしてもらえるホームページを作るために必要な基礎知識をまとめています。

サーバーやドメインて何?ホームページの仕組みをかんたん解説!

 ここでは、超簡単に「インターネット」や「ホームページ」の仕組みについて説明します。少しでもわかっておいた方が、今後の作業が楽になります。

いつでも、どこからでも

○ サーバーって何?

データの置き場だ!

 インターネットで閲覧しているものは、実はどこかのパソコンに保存されているファイルです。難しく考えないでみてください。普段も職場や家、学校でもパソコンの電源を入れて中のファイルを開きますよね。それと同じです。極端に言えば目の前のパソコンの中のものを開くか、離れたところのパソコンのデータにアクセスするかという違いです。

別の場所からアクセスするには

○ 他のパソコンからアクセスして作業する場合の条件

 では、他のパソコンからアクセスして作業するとした場合、どんなことが必要になるでしょうか。言われてみれば、「そりゃそうだ」というようなものです。

① アクセスするパソコンの電源が入っていること
② ファイルの場所にアクセスできること
③ ファイルを開くソフトをもっていること

 サーバーの電源が入っていないとファイルにアクセスできません。保存先にたどり着けなくても、当然そのファイルにアクセスできません。たどり着いたとしても、そのファイルを開くソフトがなければ開いたり編集したりすることはできません。作業したいファイルにアクセスするためには、サーバーは「常に」電源を入れておき、場所が分かるようにして、みんなが見ることができる形式で保存しておく必要があります。

▶ スポンサードリンク

インターネットとなると?

「レンタルサーバー」「アップロード」「ダウンロード」「ホームページアドレス」「ディレクトリ」「ドメイン」「HTML」「ブラウザ」

① 年中無休で電源を入れる

 インターネットとなると、24時間年中無休でアクセスできる必要があります。つまり、データの置いてあるパソコンの電源を入れておけばよいのですが、自宅のパソコンの電源を入れっぱなしにしておくのは嫌ですよね。電気代もかかるし音もうるさそう。もちろん、「自宅サーバー」を設置している方もいますので、できないことはありません。自宅ですから好きなようにやればいいのです。その代わり、メンテナンスも自己責任です。

サーバーを管理してもらう

 そこで、多くの人は「レンタルサーバー」を契約しています。この世のどこかにあるパソコンに自分のデータを保存するのです。そこなら、24時間電源が入っているのでいつでもアクセスすることができ、メンテナンスも専門の人がやってくれます。

パソコンを共有しているから

 複数の人で同じパソコンを共有するので容量などのルールを守る必要はあります。今は大容量が増えていますので、普通にホームページを公開する程度なら問題はありません。通信速度や使えるサービスに違いがあるので、作りたいサイトに合う条件のサーバーを探してみましょう。

 なお、契約の仕方や選び方などの詳しいことは実践編の記事で説明します。

 サーバーにデータを送ることを「アップロード(上り)」といい、逆に自分のパソコンに読み込むことを「ダウンロード(下り)」と言います。アップする。ダウンロードするといった言葉は多くの方が聞いたことあると思います。

② ファイルのある場所の示し方

 パソコンの中のデータにアクセスする時でも、「ドキュメント>年賀状データ>2017年>お友達>大谷翔平.docx などとフォルダをたどっていきます。

インターネットの場合は、そもそも○○にあるパソコンという情報が必要になります。それがサイトのURLです。

 私の契約しているwpXサーバーを例にお話しします。

 私には、sv???.wpx.ne.jpというパソコンが割り当たっています。何人かで同じパソコンを使っていますので、いくつかフォルダが作られています。そのひとつが私のもので、中に自分のホームページデータを保存しています。もちろん、フォルダの中も細かくフォルダを作って整理(ディレクトリと言います)していますので、フォルダをいくつかたどっていくことになります。

http:// サーバーの場所 / フォルダ / ファイル名.形式

任意のアドレスにする

 ホームページアドレスのうち、「サーバーの場所」を示している部分を「ドメイン」と言います。「独自ドメイン」というものを使えば、その部分をオリジナルに変更できます。

 現実の世界でもニュータウンが作られたときに住所表記の変更が起きたりしますよね?あれと同じです。しかも、ドメインの場合は枝番まで含んで置き換えられるので一気に短くすることができます。

 例えば自分の住所が東京都葛飾区東新小岩×丁目××の×○○ビルの○号室だとします。このままだと長いので、住所表記を「竜宮城」と置き換えるようなものです。「竜宮城」と言えば、先に書いた東京都~の○○ビルを意味しているのです。この一言だけで世界中の人が目的地にたどり着くことができる。そういうイメージです。

http:// 独自ドメイン(好きな名称) /

▶ スポンサードリンク

③ ファイル形式を統一する

HTMLとブラウザ

 さて、インターネット上でファイルを共有するとなると何で作成したらいいのでしょうか。職場でさえ一太郎がいい、Wordがいいともめることがあるのに…。インターネットとなれば、世界中である程度統一したものが必要になり。そこでHTMLという言語の登場です。インターネットの世界の共通語です。

 そして、このHTMLで書かれたインターネット上のファイルを閲覧するためのアプリケーション(ソフト)がブラウザです。firefoxとかchromeとかIE(explorer)などが有名です。

 HTMLという共通の言語で書き、ブラウザアプリで閲覧する

 以前はこのHTMLを学習することから始めました。今はそこまで詳しくなくてもできる時代になりました。それがWordPressです。さらに、美しいデザインやレイアウトにするためにスタイルシート(CSS)も学びました。それを感覚的にできるようにしたのがEementorです。

ホームページは誰でもできる時代に

 いつでもアクセスできる「サーバー」というパソコンにデータを送る。サーバーの場所を示すアドレス「ドメイン」は自分の好きなものにも変えられる。そして、以前は難しHTMLやCSSを勉強しないとかっこいいサイトが作れなかったけれども、今ならWordPressやElementorを使って簡単にできるというお話でした。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。