前面展望 関電トンネルトロリーバス

 石原裕次郎主演の「黒部の太陽」で舞台となった大町トンネルは、立山黒部アルペンルートの一部で、現在は関電トンネルと呼ばれ、トロリーバスが運行している。もともと、関西電力黒部川第四発電所関連施設の建設のために建設され、現在も黒部峡谷鉄道のルートとともに工事用資材輸送にも使用されている。このバスの運営会社は関西電力である。だが、長野県内に路線があるため送電区域の関係上、電気の供給は中部電力(本社・愛知県名古屋市)となっている。ダムのレストハウスの方が、そこで電気を作っているのにここはよその電気で動いていると話してくれた。

コメント

  1. 先頭の座席は予約で取られるんですか。
    私もまだ行ったことがないので参考にしたいです。

    それとトンネル内は、寒そうですね。ガラスの曇り具合から判ります。

  2. たけ より:

    席は全て自由席ですので、先頭に並んで待つと撮影できます。今回は最終便などだったので非常に空いていました。

タイトルとURLをコピーしました