URL(パーマリンク構造)を見直したためリンク切れの嵐です。ごめんなさい!

WordPress対応のブログエディタ Open Live Writerの設定や使い方

この記事は約10分で読めます。

プレビュー画面をリアルタイムに更新

 私はElementorに出会うまでは、このWindows Live Writerが最強のブログエディタだと思っていました。WordPressの管理画面を使って記事を投稿していた人にとっては、Windows Live Writerってすごく楽なんですよね。でも、結論から言うと、WordPressを使っている方はElementorを使えばここで紹介する内容のすべてが一発で解決してしまいます。

 Elementorは革命的なプラグインです。それではなぜWindows Live Writerの記事を書いたのか。それは、今まで勉強してきたことのまとめという意味と、後継のOpen Live Writerを使う目的でこのページにアクセスされた方にElementorの存在を伝えたいという2つの意味があります。

 たぶん、WLWを使っている方でこのページを検索した方は、目指すところが似ていると思います。どこからでも簡単、便利にホームページを更新したい。しかも、格好よくしたい。そのすべてが実現できるわけですから、Elementorを知ったら乗り換えると思います。

▶ スポンサードリンク

スポンサーリンク

Open Live Writerとは

 Open Live WriterはWindows Live Writerの後継で、ブログの公開画面に直接打ち込むような感覚で記事を更新することができるブログエディタです。インターネット上から、ブログの形式(テーマ)をダウンロードしてパソコンにしておき、インターネットにつながっていない状況でも記事を作成することができます。

 記事が完成したらアップロードします。画像も、ドラッグ&ドロップで挿入することができるので、ホームページビルダーのようにファイルの保存先を指定したり、管理画面で記事を書くように、いちいちメディアの挿入をしなくてもできるので楽でした。管理画面にログインしなくても記事の更新ができ、本当に楽なのです。

 Windows Live Writer(Windows Essentials2012)は既にサポートが終了しています。現在はOpen Live Writerを利用することになりますので、記事もOpen Live Writerで書いています。ただ、日本語に対応していませんし、何度も繰り返しますがやりたいことの全てに対応しているElementorを使うことをオススメしています。

プレビュー画面で記事を更新する

 Open Live Writerでは、「テーマの更新」をするとブログのデザインをダウンロードすることがでいます。

 簡単に仕組みを説明すると、「テーマの更新」をクリックすると、テーマのダウンロード用の記事がアップロードされます。そして、トップページから背景やCSSなどの必要なデータをダウンロードし、自分のパソコン上で似たような環境で表示できるようにするという感じです。

テーマの更新が上手くいかないとき

・トップページに記事リストや固定ページを表示している。

 テーマをダウンロードするためには、トップページに最新記事が全文表示されるようにしなければいけません。リスト表示であったり、他の固定ページを表示していてはダメなんです。しつこいようですが、「普通の記事」です。最近では、トップページの表示の仕組みもindex.phpやtop.php、home.phpなどテーマによって様々です。トップページの記事が最新記事というのは純粋なブログの形式なので、テーマダウンロード用にファイルをリネームするなどの対応が必要です。私がかつてやった方法は次の通りです。

single.phpをトップページに
一時的にindex.phpをローカルに保存し、single.phpをindex.phpにリネーム。ダッシュボードの設定で記事表示数を「最新の投稿」「1件」にしてから、テーマの更新をクリック。終わったら元に戻すことを忘れないようにする。以上!

・キャッシュ系のプラグインを導入している。

 上記の方法を使っても上手くいかないことがあります。もしかしたら、プラグインに原因があるかもしれません。テーマの更新では、記事を「仮投稿」して必要な情報をダウンロードします。キャッシュが有効だと古いページが表示されますので上手くいかないようです。

記事更新情報にも反映
Open Live Writerでテーマをダウンロードする際、ダミーの記事が一度投稿されます。その記事は自動的に削除されるため、多く出回ることはありませんが、ブログ村などに更新情報が流れてしまいます。あまり何度も挑テーマ更新をすると、通知が連続して行ってしまう恐れがあります。 

 まぁ、苦労はしましたが、今まで味気ないWordpressの入力画面で記事を更新していましたが、まるでウェブで見ている画面にそのまま入力しているような感覚になりました。この画面に画像をドラッグするだけで、画像のアップロードもできるので記事更新は「超」が付くほど格段に楽になりました。なんてったって、Wordや一太郎で文章を作っているのと変わらない感覚ですから。もう、こうなったら誰でも更新できる感じです。(Elementorなら設定不要でこの状態以上にリアルな画面になっています。)

記事の更新作業

 まるで公開画面に直接打ち込むような感覚で更新できるのですが、時に上手くいかないことがあります。

htmlで作った過去記事を貼り付ける

 新規に記事を書いて投稿する時は問題にならないのですが、ホームページビルダーなどで作成したhtml形式の過去の記事を貼り付けてアップロードする際には問題が起こることがあります。

「ブログサービスでは画像のアップロードに対応していません」

 この表示が出る原因として考えられるものがリンクの形式です。

 どうやら記事の中に相対パスのhtmlファイルリンクがあるとうまくいかないようです。これを絶対パスに書き換えてアップロードするとうまく解決しました。もしうまく記事の投稿ができない場合はこのあたりもチェックしてみてください。

公開画面に「編集」ボタンを設置する

 古い記事をdownloadしようとしたら、リストをダウンロードしなければいけないのですごく時間がかかります。時にはエラーになって記事にたどり着くことができないこともあります。

 ホームページ上で開いている画面からOpen Live Writerの編集画面を開くことができれば楽ですよね。WLW Post Downloader Pluginというプラグインを使えばそれも解決します。ちなみに、これはWordPressにインストールするプラグインではなくパソコンにインストールするものです。

 このプラグインをインストール後、ブラウザーでブログ記事を開いて、アドレスバーに表示される記事URLの[http://]を[wli://]に変更して、アクセスすると、なんとOpen Live Writerが立ち上がり、その記事を自動で取得して編集できるようになります。

 ちなみに、WLW Post Downloader Pluginはパソコンにインストールするので、パソコンが変われば使えなくなります。しかも、一度設定すれば必要ないものなので、何年も同じパソコンを使っていれば忘れそうです。いつものように、編集ボタンが表示されていてもパソコンにプラグインをダウンロードしていなければ使えないので、パソコンを複数台使っている場合は注意が必要です。

<?php 
if ( is_user_logged_in() ) { 
echo ‘<a href=”wlw://n-hokkaido.com/?postid=’; 
echo $post->ID; 
echo ‘ target=”_blank”>編集<a>’ 
;};?>

 こんなコードをsingle.phpの任意の場所に追加すると、ログインされている時だけ「編集」ボタンが表示されるようになり、クリック一つで記事をダウンロードしてOpen Live Writerでの編集が可能になります。私はパンくずリストの後ろに挿入しました。これは革命的です!

 この「編集」ボタンをクリックすると記事がダウンロードされます。

 ソースのドメインの部分の設定を間違えると「サーバー404が発生しました」と表示されるので注意しましょう。

▶ スポンサードリンク

Open Live Writerの設定を他のパソコンへ移す

 複数のパソコンで作業したり、パソコンを買い替えたりするときはまたテーマを更新しなければいけません。編集なしでできるサイトならいいのですが、indexファイルを書き換えたりする必要がある場合面倒ですよね。一応、設定をまるごとお引越し(コピー)する技があるので記録しました。ただ、これもElementorを使えば全く必要がありません。Elementorはサイトにアクセスするだけですので、世界中、どこのパソコンでも同じような環境で作業することができますので、やはりすごいプラグインです。

レジストリエディタでお引越し

1、レジストリエディタでお引越し

 Open Live Writerのブログの設定やテーマを、プラグインなどを使わずに他のパソコンにコピー(エクスポート&インポート)する方法です。

 OLWに限らず、パソコンでソフトを動かしている場合、そこで行った設定は必ずどこかに保存されています。その場所がわかって上手に持ち出せれば問題ないのですが、自分で見つけ出すのは難しいことですよね。そのとき使えるのがGoogle先生です。いろいろなサイトを渡り歩き、最終的にまとまったので記事にします。

 まず、レジストリエディタを起動します。どうやるかって?Windows10の場合で説明します。キーボードのWindowsのマークを押しながら、「R」を押します。すると、「ファイル名を指定して実行」というものが出てきます。これはWindowsの過去のバージョンにもあったので、出し方は違うかもしれませんが出した後は一緒です。そこに、regeditと入力します。レジストリエディタが起動します。

そして、以下のフォルダをたどっていきます。

コンピューターHKEY_CURRENT_USERSoftwareMicrosoftWindows LiveWriterWeblogs

 Weblogsまでたどり着いたら右クリックして、データをエクスポートします。Writerあたりでやったらどうなるのでしょう。ファイル名からするとそれでもいけそうな気がしますが、冒険はせずに先行事例にあるようにWeblogだけにしました。

2、データファイルをコピーする

 これだけでは、サイト名やブログのURLなどが引き継がれても、テーマが引き継がれていませんでした。そこで、以前テーマ編集をしたことを思い出し、

C:Usersユーザー名AppDataRoamingWindows Live Writerblogtemplates

 の中のデータをすべてコピーしてみました。表示されない場合は、コントロールパネル(Windows8移行は画面左下のウインドウズマークで右クリック)から、デスクトップのカスタマイズ、すべてのファイルとフォルダを表示と設定を変更してみてください。または、フォルダのツールバーにも設定が出ているものもあります。

3、設定を新しいパソコンにインポートする


 先ほど作成したレジストリエディタのファイルを移転したいPCの画面で展開します。場所はどこでもいいようですが、WLWの設定が上書きされることをご承知おきください。

 人間、こう聞かれるとドキドキしますが…まぁ、続行しますので「はい」となります。

4、テーマのデータを新パソコンに保存する

 あとは、先ほどのAppData以下にあったあのデータを、新しいパソコンの同様の場所へコピーします。それだけで終わりです。

5、動作確認をしてみる

 ここまでうまくいけば、新しいパソコンでも、元のパソコンと同じようなWLWの入力画面が開かれます。ただ、新しい記事をアップロードする際にはブログのパスワードの再度入力を求められますので、それだけはご承知おきください。1回入力すればあとは今まで通りの環境で記事更新ができますよ。

 ここで紹介したOpen Live Writerは、とにかく公開画面を直接編集するような感覚でより簡単に記事の更新ができることを目指した結果たどり着いたものでした。でも、Elementorというプラグインを使えば、ここまで紹介したような面倒な設定をする必要が全くなく同様かそれ以上のことができてしまいます。まだ試していない方はこの機会に試してみることをオススメします。

タイトルとURLをコピーしました