2013年 2歳11か月の長女と東京旅行で大雪 全8ページ


4日目 振替の便もとれずもう一泊へ

 奇跡が起こりました。電池が切れる寸前の私の電話に、祖母の安心携帯の充電コードが合ったのです。充電器はすでに前日に北海道に送り返してしまい、しかも旅に出てから一度も充電していなかったということで、「ついに通信も途絶えるのか・・・無念!」と思ったところでしたが、救われました。

朝になって、「今日は晴れているし大丈夫でしょう。」「遅くなっても今日中の便で北海道に戻るでしょう。」と勝手に思い祖母と別れ羽田空港へ。前日、近所の人やおまわりさんがなぜか水をまいていた場所は、一見雪はないように見えますがきれいな氷が張っていて余計に危ない状況に。私は、見ただけですべりそうだと分かるのでそんなところ歩きませんが、元気な都民のみなさんはそこを走ったり自転車で通ったりしてスッテンコロリン。転んだ人には、「大丈夫ですか?平らなところより凹凸のあるところの方がかえって安全ですよ」とアドバイスをしてみました。

さて、空港では飛行機は遅れながらもほぼ運行。しかし、北海道や九州・四国などのような新幹線で移動するにしても遠いところの便は満席でした。北海道は、千歳以外の空港も満席。聞くところによるとキャンセル待ちが400人もいるようでした。これなら飛行機をひとつ余計に出せばいいのにと思うのですがそうもいかないのでしょうね。10時に空港について、窓口カウンターにたどり着いたのは12時。2時間みっちゃんを抱っこしたりおろしたりをくりかえしてクタクタに疲れました。それでも、当日の航空券は手に入らず。夜中までキャンセル待ちをするのも嫌だったので、もう一度祖母に電話し、明日の飛行機になったからもう1日お世話になりますと言い井荻に戻ることにしました。飛行機は何時でもよかったのですが、あまり遅くならない方がいいと思い11時に設定。787型もあったけど、時間が遅くなるし・・・(これはトラブルで翌日欠航になっていたので危なかった・・・)

DSC_5703DSC_5708

DSC_5709DSC_5712

チケットがようやく決まったことで、空港のレストランで昼食。お子様セットを食べさせてみました。隣に座った老夫婦と子供の話題でいろいろ話が盛り上がり楽しかったです。お父さんと娘で旅行をしていると知って驚いていました。

2日目の延長戦ということでみっちゃんの下着や歯ブラシなどを購入しようと思い、手頃な店を妻に探してもらいメールをしてもらいました。今時スマートフォンみたいに画面をなでなでして探したいのですが、私は経費削減により通話とメールのみの電話。遠い本部からの連絡を待ちました。妻からは「品川よりひと駅南の大井町にイトーヨーカドーがあるよ」とのメール。「イトーヨーカドーはいい!」と思い、京急で品川へ。そこで何も考えずに山手線でひと駅移動し、降りたのは大崎。大崎の改札の前で地図を見てイトーヨーカドーを探すが、見当たらずメールを確認。すると「大崎」じゃなくて「大井町」と「大」しか合っていない・・・。ここでも、じゃあ反対に進めば良かったのかと山手線に乗り2駅戻ることに。品川を出てアナウンスは「田町」今度は「町」しか合っていない。私が行きたいのは大井町。どこだそれ・・・

みっちゃんがウンをしたので、田町のトイレでおむつ交換。今回の旅行中、いたるところに身障者用トイレや、ベビー休憩室、おむつ交換台などがあって、これには困りませんでした。ホームに降りると、目の前に京浜東北線と山手線。どちらでも品川方面に行けるが、もう高田馬場経由で戻ろうと思い、そのことを妻に言って山手線へ。すると妻から「京浜東北線」で隣の駅という情報が。「そうだったのか!」何も確かめないで移動した自分に反省しながら、品川で京浜東北線に乗り換えようとすると・・・田町では同じホームだったのに品川では階段を渡るハメに。何から何までロスしている感じ。ようやく大井町のイトーヨーカドー到着。

DSC_5723DSC_5725

ここで、靴下、みっちゃんのパジャマ(弟・妹も使うからいいや)、歯ブラシなどを購入。さらにコンビニでおやつとおむつ5枚を追加して井荻に戻りました。祖母宅でお風呂にも入れてもらい、満足したみっちゃん。明日こそは北海道に戻りますよ。

タイトルとURLをコピーしました