はじめまして。担当のmisuzuyaです。みなさん、何かと時間が無い中で読んでくださっていますので、堅苦しいお話は嫌ですよね。正直、パソコンで長い文章を読むのも疲れますね。

 でも、このページは、サイトをご覧いただくうえで少し大切なことを書いていますのでお時間のある時にサッとで結構です。ぜひお読みください。

このサイトを作ったわけ

 私が、長年独学で進めてきたホームページ作りのノウハウを整理して、あまりインターネットに詳しくない方でも簡単にホームページを作ることができないかと考えて作りました。

 まぁ、今の世の中には詳しく説明しているサイトがたくさんありますよね。じっくり読めば分かりやすいのですが時間がかかります。仕事の後や家事の合間にやるなら頭は使いたくないものです。よく読まないと分からないものでは、「難しそう。」と、長続きしません。だから私は、とにかく楽しくて分かりやすい内容にすることを意識してまとめるようにしています。

1、大き目な文字で読みやすく

2、言葉は「話し言葉」で簡単に

3、文章は短く(SEOのための2000字ルールは無視!)

ホームページを作るメリットは?

 ではなぜ、ホームページ作りをおすすめするのか。その一番の理由は自由度が高く、上手にやれば収益も得られるということです。今やインスタやSNSで誰もが情報発信する時代です。その労力をどうせならお金に換えませんか?

 Facebookでたくさん「いいね!」をもらってもお金にはなりません。いや、それでいいんだという方はそれでいいのです。否定するものではありません。でも、もし同じことをしてお金がもらえるとなればどうでしょうか?「いらない。」って言いますか?

 それに、ホームページはブログやSNSと違って長い期間、多くの方々に見てもらえます。自分のサイトが、誰かの助けになることもあります。つまり、趣味が社会貢献にもなるのです。

 あ、でも、収益を期待し過ぎると挫折しますよ。そんなに簡単にはお金は稼げません。やはり、他の人にはない武器(情報や経験)が大切です。

 ちなみに、得意分野は人それぞれです。私は「旅」「鉄道」「子育て」「教育関係」のサイトのアクセスが伸びています。あなたは何でサイトをつくりますか?ぜひ得意なことで楽しみながらサイトを作りませんか?あなたの話を聞きたいという方、あなたの持っている情報をぜひ知りたいという方がきっといるはずです。

 世の中には、「これをやればお金が稼げるよ。」という誘いがたくさんあります。そんなにうまくは行きませんが、何もしなければ何も始まりません。私はその最初のお手伝いができればと思っています。ぜひ、参考にしてみてください。

趣味のホームページは時代遅れ?

ホームページからブログへ

 インターネットが普及し始めた2000年代前半、パソコンが得意な人の手によって多くのホームページが作成されました。本当に、「自分の趣味」を楽しみながら発信していた時代です。多くの人は、メモ帳やホームページビルダーというソフトを使い、HTMLという言語を駆使して作りました。少し知識をつけないとできない時代で、情報発信ができるのは一部の人に限られていました。旅行記、温泉、バイク、園芸といった趣味のサイトから学校紹介のサイトなど次々に作られていきました。そして、情報交換にはCGIを使った「掲示板」。画像を貼れるものがあり、それも人気でした。

 程なくして、ブログで簡単に記事が投稿できるようになりました。コメント欄がつき、手軽に双方向のやり取りが楽しめるようになりました。ブログを使えば面倒なHTML言語を書かなくても済むので、ホームページは少しずつ減少していきました。

ブログからSNSへ

 2000年代後半からは、mixiなどのSNSの時代になりました。マイミクや友達など「つながり」が見え、記事を投稿すれば反応してもらえることから、ブログやホームページ作りよりも若い世代を中心に広がっていきました。匿名を嫌う少し大人の世代にはFacebookも広がり、他人のタイムラインを追い、「いいね」をすることで忙しくなってきました。コメントを書かなくても、「いいね」とボタンを押せば「見たよ」アピールができるのでこれまた便利です。

ツイッターやLINEの時代へ

 2010年代に入りmixiは以前ほどの勢いを失いました。Facebook疲れなんて言う言葉も登場。その代わりに不特定多数ではありますがより広く情報を発信し、時には瞬時に反応してもらえるTwitterや写真を中心としたインスタが流行るようになってきました。

 特定のメンバーでグループをつくり、リアルタイムで深くつながることができるLINEも勢力を広げてきました。一方で、「既読スルー」という言葉も生まれ、反応が無いと不安になるなんということも。構ってほしいという思いが強いことからトラブルを生むこともありますよね。

 さて、こうなってくると手間がかかる上に、作っても見てもらえるかどうかわからないホームページ作りにエネルギーを注ぐ人は少なくなってきます。本当に、何かしらメリットを感じない限り始めようとは思わなくなりますよね。

OK Google?簡単検索の時代へ

 ところがここに来て、ホームページが必要とされる時代になってきました。何でもネットで簡単に調べようというという動きが非常に増えてきたのです。パソコンを持ってなくてもスマホは持っているという人が多く、インターネットがより身近になっているのです。これは2000年代前半には無かった動きです。友達と会話する中で気になったことがあればすぐに検索。そんな経験はありませんか?

 検索数が増加する一方で、参考となるサイトはどうなっているのかというと、ジャンルによっては以前ほど活発に作られてはいません。つぶやき程度の内容がヒットしてもあまり参考になりません。やはり一生懸命作られたホームページには内容が充実したものが多く魅力的です。新しい技術でスマートフォンに対応したホームページをどんどん作っていけば、社会貢献にもつながりますし、アクセス数を伸ばすこともできます。

▶ スポンサードリンク

個人のホームページ復権の時代へ

 前述のように、HTMLを使ったホームページ作りは専門的な知識が必要で手間もかかるため徐々に作り手が減ってきました。一方で、Wordpressを使ったホームページは増えています。他にも、ネットショップを構築するEC-CUBEやホームページをつくるconcrete5、ユーザー参加型のコミュニティサイトをつくるXOOPS Cubeなどもリリースされ、10年前とは明らかに状況が変わってきています。

 今後のホームページ作りはこういうものをいち早く取り入れ、より手軽に、しかも高品質なものを作っていく時代と言えそうです。近い将来、これらの方法がより多くに人に認知されることで、より独自性の高い個人のホームページが広がっていくのではないでしょうか。ホームページで収益を上げることも目指すのであれば、流行が過熱する前にぜひ自分のホームページを確立しておきたいものです。

さらに、スキルアップも!

 ホームページ作成を始めると、そのものの知識の他に、Windowsの便利な機能、SEO、パソコン、周辺機器の話題、アフィリエイトのことなど知っていると得をすることを知ることができます。他にも、世の中のトレンドを気にしたり、相手に伝わる文章を考えることで、文を書く力が付いたりするなど自分自身のスキルアップにもつながります。そして、知らず知らずのうちにキーボードを打つ速さも向上していきます。

まずは始めてみませんか?

ホームページ作成テキスト

 このサイトは、全体でひとつのホームページ作成テキストになっています。基礎からじっくり学びながら進みたい方は1番の記事から、文を読むことが好きではなく、とにかく作ってみたい方は3番の「実際に作ってみよう」の記事へお進みください。

 そうは言っても、このサイトでは難しい説明はできるだけ抜きにしています。誰でも簡単にホームページ作りができるようにすることがこのサイトの意義ですから、トップページから順番に読んでいっても、1日2時間ほど作業を1週間続けたらある程度の形になるようにと考えて構成しています。

 トップページに戻る