2020年 なまら北海道だべさチャンネル大幅リニューアル公開中YouTube

清掃工場に個人で家庭ごみを持ち込む方法 札幌市・発寒清掃工場

 大掃除をしていると、処理に困るゴミが出てきませんか?これはどうやって捨てたらいいのかな。分別では何に入るのかな。さらには、個人情報やちょっと人に見られたら嫌なものはどうしたらいいのかな。(例えば消したい過去など・・・。)そこで、今回は迷わずに一気に断捨離ができるスッキリするお話です。

 今回は札幌市の話ですが、実家のある江別市、昔勤めていた釧路市にも同様に地元の清掃工場にゴミを搬入することができました。地元の自治体のホームページでもご確認ください。

 さて、札幌市では、市内の自宅で発生した家庭ごみでごみステーションに出せない場合は、自ら市の処理施設へ直接持ち込むことができます。捨てるときは清掃工場の係員の方がちゃんとついていてくれていますので、迷ったらどうしたらいいか聞くこともできます。今回は書類や衣類、壊れてバラバラになったおもちゃや木製の玩具などを持っていきました。

 細かい条件は市のホームページを見て確認して下さい。

目次

家庭のごみを個人で直接搬入する

 では、家庭から出るごみを直接搬入するにはどのようにすればよいのでしょうか。

搬入できるごみの条件

搬入できるごみには条件があって、札幌市の清掃工場では、「札幌市内で発生したものに限る」となっています。申請書に住所を書くところがありますので、そこが札幌市内でなければ受け付けてもらえないと思います。それから、家庭ごみと事業ごみの区分もありますのでご注意ください。私の場合は家のごみなので当然「家庭ごみ」として搬入しています。

申請書を事前記入しよう!

 申請書は現地でも書けますが、混雑緩和のために事前に書いておく方が親切です。用紙の出し方は簡単で、札幌市のホームページ(清掃工場のページ)からダウンロードして書き込みます。Excelでダウンロードできるので、一度打ち込んで作っておけば、日付を書き換えるだけで何度も使えます。名前のところだけは直筆サインとなります。

ごみ搬入レポート

 では、ごみ搬入を模擬体験してみましょう。先ずは青看板に従い清掃工場に近づきます。平日の時間帯によってはごみ収集車(プレスパッカー車)が続々とやって来ますが、許可車と一般車でレーンが違うので大丈夫です。

まずは、受付で申請書を出して車ごと計量します。もどってきたときに軽くなった分が捨てた分です。ごみ捨てが重労働で万一痩せてしまったらその分も軽くなります。重くなることってないですよね?

内部はこんな感じです。悪臭が外に出ないような工夫がたくさんあります。出入り口は車用の自動ドアです。入ってから一番奥が手降ろし用のコーナーになっているのでそこで投げ捨てます。

自分でごみを投げ入れます。あっ!待って!となれば拾えないこともありませんが、間違えて捨てないように気をつけて投げ入れます。

扉が開いたらもう最後です。ごみピットに落ちて、その後は焼却処分です。個人情報などの資料はここに投げ入れたいものです。

ごみ処理を終えて

 札幌市内にはいくつかありますが、私はいつも最寄りの発寒清掃工場に行きます。ゴミを投げ入れる時は、職員さんが温かい眼差しで見ています。心配なら、これはOK?などと聞きながら投入すると、破砕工場や埋め立て地へとアドバイスをしてくれるかもしれません。今のところ迷うこと無くポンポン投げ入れています。

 30Kg捨てて600円となりました。ごみの日に出せばよいものもありますが、思い切って物を整理したいときに使える便利な場所です。

安く済ませるためには小さくて重い物はごみ袋で!

清掃工場…重さで決まるので大きくて軽いものはこちらへ 
指定ゴミ袋…サイズで決まるので小さくて重いものは袋へ

 袋はサイズで値段が決まり、工場は重さで決まります。つまり、大きいけど軽いものはここに直接持って行った方がお得ですね。逆に、小さくて重いものは袋に入れて出した方がお得になります。袋に入らない大きめなものは破砕工場へ持っていきます。時々メンテナンスや、火災が発生して受け入れ休止になることがありますホームページを確認しておくといいと思います。なお、埋め立て地は手稲山口にもありますのでそっちに持って行くことも考えています。まだ埋め立てには行ったことはありません。行ったら体験記書きます。

家庭ごみの自己搬入(自分で市の処理施設にごみを持ち込む場合)について/札幌市

札幌市公式ホームページ

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる